金泳三元大統領、米国の北朝鮮爆撃計画阻止を後悔…ウィキリークス

金泳三元大統領、米国の北朝鮮爆撃計画阻止を後悔…ウィキリークス

2011年09月06日10時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「私がビル・クリントン米大統領の(1994年)北朝鮮寧辺(ニョンビョン)核施設爆撃計画を阻止していなければ、今ごろ韓半島は非核化されていたはずだが…」。

  金泳三(キム・ヨンサム)元大統領が08年に当時のバーシュボウ駐韓米国大使に会い、このように打ち明けたという米国務省の外交公電が内務告発サイト「ウィキリークス」を通して公開された。

  94年の第1次北核危機当時、米国の北朝鮮爆撃計画を金前大統領が引き止めたことは知られているが、本人がこれを後悔しているということは初めて公開された事実だ。ウィキリークスが公開した米外交公電25万1287件のうち、こうした北朝鮮関連文書は数千件にのぼる。北朝鮮に関する些細な情報も逃さず収集する米国の執拗さが分かる。

  在韓米国大使館が09年2月10日に国務省に報告した公電は、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記に対する警護について記述している。金正日が特別列車で地方を巡回したり、中国・ロシアを訪問する際、列車が移動する線路には50メートル間隔で私服を着た秘密要員が配置される。少しでも異常があれば線路に設置された非常ベルを響かせる。また列車移動経路の周辺の村には私服警察が多数投入され、徹底した検問が実施される。この公電は、金委員長の列車旅行の度に警護を担当した北朝鮮保衛部出身の幹部との面談に基づいて作成された。

  大量破壊兵器(WMD)を含む武器類を輸出入しようとする北朝鮮の動きを、米国がこの数年間に何度か把握して遮断したことも明らかになった。米国務省が在ロ米国大使館に09年7月24日に送った公電に出てくる内容だ。国務省は北朝鮮がロシアから軍用トラックMAZ-543とZIL-131を購入し、イエメンに送ろうとしているという情報を入手したとし、これをロシア当局が防ぐよう要請しろと指示した。

  米国政府が国連当局に対し、国連傘下機構が北朝鮮政権と外貨取引をした疑惑があるとして抗議したことも明らかになった。06年8月8日付の公電によると、当時、国連米国代表部は北朝鮮で活動中の国連機構が北朝鮮側とドル・ユーロ貨幣で取引したという情報があるとして抗議した。これに対し国連は「北朝鮮では必要な場合、現物取引だけをした」と主張した。

  国務省は09年3月30日付で駐ロ米国大使館に秘密公電を送った。公電は、北朝鮮のテポドン2号ミサイル試験発射に先立ち、「米領土に脅威を与える場合に備え、米国は弾道ミサイル防衛システム(BMD)の稼働を準備する。米国の迎撃ミサイルが発射されてもロシア政府はこれを誤解しないでほしい」という立場をロシア側に伝えるよう指示した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事