韓経:安倍氏「ジャパンパッシング」懸念…「韓国ともしっかりと連携していく」

韓経:安倍氏「ジャパンパッシング」懸念…「韓国ともしっかりと連携していく」

2018年03月14日08時47分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の安倍晋三首相が「非核化を前提として対話をすることを日本も評価する」と明らかにした。

  安倍氏は13日、南北および米朝首脳会談推進状況を説明するために訪日した韓国の徐薫(ソ・フン)国家情報院長と首相官邸で面会し「非核化に向けて北朝鮮が具体的な行動を取ることが重要だ」と述べた。続いて「ジャパンパッシング(日本排除)」を懸念しているかのように「韓米日3カ国が協力して、北朝鮮の核・ミサイル問題や拉致問題の解決に向けて全力を尽くす」とし「韓国ともしっかりと連携をしていきたい」と付け加えた。

  徐氏は「金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長が自分の言葉で非核化意志を明らかにしたことはとても意味のあること」とし「平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)をきっかけに始まった韓半島(朝鮮半島)平和の流れが良い流れにつながるためには韓日間の協力が極めて重要だというのが文在寅(ムン・ジェイン)大統領の考え」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事