韓国の学生団体…「『安倍首相の首席報道官』と呼ばれる羅院内代表は辞任せよ」

韓国の学生団体…「『安倍首相の首席報道官』と呼ばれる羅院内代表は辞任せよ」

2019年03月21日11時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  自由韓国党羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表の「反民族特委」発言を問題視して地方区事務室を占拠した学生団体の学生6人が警察に連行されたが釈放された。

  韓国大学生進歩連合は20日午後2時ごろ、羅院内代表の地方区事務室を訪問し、「反民族特委」発言などに対する立場と謝罪を聞くため面談を要請した。

  羅院内代表側関係者が国会日程のため事務室を訪れた大学生進歩連合所属活動家6人と面談できないとの立場を伝えると、大学生進歩連合は羅院内代表の事務室を占拠して座り込みに突入した。彼らはこの日午後6時18分に退去拒絶容疑で警察に連行され取り調べを受けた。

  羅院内代表は14日の国会最高委員会議で国家報勲処が「偽有功者」を選り分けるために叙勲者に対する全数調査を決めたことに対し、「自分たちの気に入らない歴史的人物に対し親日という罠にはめるのではないかと考える。国民が反民族行為特別調査委員会で分裂したことを記憶するだろう」と批判した。

  大学生進歩連合はこの日午後8時20分ごろソウル銅雀(トンジャク)警察署前で記者会見を行い、「羅院内代表の妄言は度を過ぎた。警察は妄言に対する立場と謝罪を聞くために抗議訪問した大学生をすぐに釈放せよ」と声を上げた。

  大学生進歩連合のキム・ハンソン常任代表は「(羅院内代表側が)事務室を訪ねれば『国会に来い』、国会を訪ねれば『事務室に来い』としながら面談を拒否した。国民が選んだ国会議員が対話を拒否し、面談を要請する権利がある国民が警察に連行までされるのは到底理解できない」と話した。

  大学生進歩連合は「(羅院内代表は)反民特別委で国論が分裂したとして親日派を擁護し5.18妄言に対しては歴史的解釈に差がありえるという妄言をした。『安倍首相の首席報道官』とまで言われる羅院内代表はすぐに辞任し(警察は)連行された大学生を釈放してほしい」と主張した。

  警察はこの日午後9時42分ごろに連行された活動家6人全員を釈放した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事