現代自動車、1-3月期の実績が不振…中国での販売2%減

現代自動車、1-3月期の実績が不振…中国での販売2%減

2017年04月27日07時30分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ことし1-3月期の現代自動車の営業利益は、昨年同期に比べて6.8%減少した1兆2508億ウォン(約1227億円)となった。

  現代車は26日、ソウル本社で2017年1-3月期の実績を発表した。売上額は23兆3660億ウォンで前年同期比4.5%伸びたが、当期純利益は昨年比20.5%減となる1兆4057億ウォンとなった。

  同期間の販売台数は前年同期比1.6%減少した。韓国市場では「グレンジャー」や「ソナタ・ニューライズ」などの新車効果で0.7%増となる16万1657台を販売したが、海外では中国市場の販売減少で2.0%落ちた92万7943台の販売にとどまった。

  現代車関係者は「グレンジャーやクレタなどの主要な新車の売れ行きが好調で、ロシアやブラジルなどの主要新興市場でも回復基調が顕著だった」とする一方、「ただし、新車量産の準備に向けた一部工場の一時操業中断で固定費の負担がやや増えたほか、世界的な低成長基調を克服するためのマーケティング活動で費用がかさみ、収益性がやや落ちた」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事