「米官僚ら、表面では笑っているが実際には文大統領の対北朝鮮政策に憤怒」

「米官僚ら、表面では笑っているが実際には文大統領の対北朝鮮政策に憤怒」

2018年10月29日08時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ブルース・クリングナー専任研究員
  米有力シンクタンクの韓半島(朝鮮半島)専門家らが北朝鮮問題と関連した韓米間の立場の違いに対し懸念を示した。

  保守指向シンクタンクであるヘリテージ財団のブルース・クリングナー専任研究員は16日、米国務省の招請で訪米した韓国外交部担当記者と会い、「米国は公開的には文在寅(ムン・ジェイン)大統領と彼の努力を支持し顔に微笑を浮かべているが、米政府関係者らと話を交わしてみれば相当数が文大統領の対北朝鮮政策に対し非常に懸念していたり、甚だしくは憤怒している」と話した。彼は「ワシントンでは事実何回も文大統領に速度を遅らせるようにとの強力なメッセージを送ってきた。文大統領は北朝鮮に与えたい経済的恩恵リストをたくさん持っており、さらに項目が増えている。国連安保理決議と米国法違反になりかねない」と明らかにした。北朝鮮の非核化措置を促進する相応措置と関連しては「例えるならば現在テーブルの片側に警察、もう片側に犯罪者が座っているもの。警察が『これまで犯した罪を軽減させるために何をするか』と尋ねているのに犯罪者が『2度と銀行を襲わないと言ったことに対し何をしてくれるのか』というようなもの」と説明した。

  15日に記者らと会った外交問題評議会(CFR)のスコット・スナイダー専任研究員も制裁問題と関連し「韓米の意見が完全に一致するのか調べなくてはならない」と話した。続けて「米国が平昌(ピョンチャン)冬季五輪の時とは違い制裁免除に対してそれほど気分の良い立場ではない理由は韓国がとても速く進んでいるのではないかという部分、そしてとても広範囲に一括的に制裁例外を適用してくれと言うのではないかという部分」と説明した。彼は「対北朝鮮制裁と関連した問題は『この程度の制裁緩和を勝ち取るほど北朝鮮が非核化で十分な措置を取ったのか』という質問と合致する」と話した。

  米政府は北朝鮮の安保理決議違反の証拠を追加公開するなど制裁の手綱を緩めずにいる。国務省国際安保非拡散局(ISN)は26日、ツイッターに北朝鮮の違法油類積み替え写真を数枚上げた。5月18日となっている最初の写真にはパナマ船籍の船が北朝鮮の白馬号に積み替えを試みる様子が捉えられている。6月2日の2枚目の写真では同じ船が北朝鮮のミョンリュ1号に違法積み替えを試みた。2隻の船舶の間にホースがつながる様子がそのまま写っている。すべて金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長が4月に板門店(パンムンジョム)宣言で非核化を約束した後に行われた。

  28日に訪韓した米国務省のスティーブン・ビーガン対北朝鮮政策特別代表と韓国政府関係者の協議でも制裁問題が議論される可能性が大きい。ビーガン代表は29日に康京和(カン・ギョンファ)外交部長官を表敬訪問し、李度勲(イ・ドフン)韓半島平和交渉本部長と会って6カ国協議首席代表協議をする。李本部長が21~23日に訪米した際も協議をしたが、1週間ぶりに今回はソウルで再会することになる。こうした異例な状況をめぐり外交街ではビーガン代表の訪韓が北朝鮮の核関連共助よりは米国側のメッセージ伝達を強調するのではないかとの観測が出ている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事