【取材日記】朝鮮総連の歴史歪曲…お金が正した

【取材日記】朝鮮総連の歴史歪曲…お金が正した

2011年06月04日11時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「朝鮮学校」は親北朝鮮性向の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が運営する海外同胞対象の小・中・高等教育機関だ。韓国出身の子どもたちもここに通う。ここでは北朝鮮式の韓国語を話し、北朝鮮に対する愛国心を強調する民族教育を実施する。

  その朝鮮学校が最近、教科書の内容を変えた。神奈川県朝鮮高級学校(高校)は『現代朝鮮歴史』の「日本当局が(日本人)拉致問題を極大化して」という表現を削除した。1987年の大韓航空旅客機爆破事件に関しては「(韓国が)ねつ造した」という表現を「(爆破事件が)起きた」と変えた。

  この学校が変わったのは、日本地方自治体の財政支援中断圧力のためだ。神奈川県は昨年、県内朝鮮学校の教科書の表現などを問題視し、補助金支給の中断を決めた。慌てた朝鮮学校側は教科書の改訂を約束して支給の中断を防いだ。黒岩祐治神奈川県知事は「補助金を来年も支給するかどうかは授業をどうするかにかかっている」と圧力をかけた。

  3月には大阪府の朝鮮学校が補助金中断圧力に教科書改訂を約束している。大阪府はさらに故金日成(キム・イルソン)主席と金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の肖像画を教室から下ろせと要求した。

  日本政府は昨年、高校授業料無償化を実施し、朝鮮学校を対象に含めるかどうか天秤にかけた。政府が授業料の代わりに支給する支援財政が金正日称賛教育と北朝鮮政権支援金に流れるという世論が強まったからだ。

  これに対し、朝鮮学校は文部科学省の視察に合わせて思想教育資料室の扉を閉め、『現代朝鮮歴史』授業を暫定中断した。文部科学省は昨年11月、授業料支援を決め、「お金を他の用途に使わなかったという立証書類を提出し、教育内容を改善しなさい」と要求したが、特別な反発はなかった。「共和国臣民」という朝鮮総連の自尊心は見られなかった。北朝鮮の相次ぐ国際的な犯罪と挑発で、朝鮮総連の日本国内での位置づけが墜落したためだ。

  2002年に北朝鮮が日本人拉致を認めると、地方自治体は次々と準外交機関として朝鮮総連支部に与えてきた免税の恩恵を剥奪した。北朝鮮がミサイル発射を強行した06年には、各地の朝鮮総連の建物が火に包まれたり、朝鮮学校女子学生のチマチョゴリが切られたりした。昨年11月に北朝鮮が延坪島(ヨンピョンド)を砲撃すると、16の県議会が朝鮮学校を無償授業対象から除外すべきだという意見書を採択した。日本右翼が主導する反北朝鮮、反朝鮮総連世論が力を発揮したのだ。

  朝鮮総連はかつて年間2兆ウォンを献金した北朝鮮の主要資金源だった。しかし北朝鮮政権の犯罪と挑発で朝鮮総連は自尊心まで捨てることになった。

  イ・チュンヒョン国際部門記者
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事