韓経:外国人資金、韓国証券市場から10兆ウォン離脱の懸念

韓経:外国人資金、韓国証券市場から10兆ウォン離脱の懸念

2018年09月27日10時01分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)が新興国指数で中国本土株(A株)が占める割合を来年に大幅拡大する案を推進する。グローバルインデックスファンドが投資指標として活用するMSCI指数で他の国の割合が大きくなれば韓国証券市場の割合はそれだけ減る。MSCIの計画が現実化すれば韓国証券市場から10兆ウォン以上の外国人資金が離脱するだろうとの懸念が出ている。

  26日のブルームバーグによると、MSCIは来年2度にわたりMSCI新興国指数に編入される中国A株所属銘柄の割合を時価総額基準で現在の5%から20%に拡大する計画を盛り込んだ声明を発表した。指数内の中国A株の割合は現在の0.7%からで2020年5月までに3.4%に増える。

  来年から小型ハイテク株中心のチャイネクストを指数に含め、中型株は2020年から編入する案だ。MSCIは来年2月までに投資家の意見をまとめた上で最終計画を発表する。

  MSCIの来年の中国A株編入割合計画が輪郭を表わしたのは今回が初めてだ。クレーンファンドアドバイザーズのブレンダン・アハーン最高投資責任者は「中国A株のMSCI指数編入スピードが市場の予想より速くなるという信号」と話した。

  MSCI指数は米MSCIが設計して発表する世界的な株価指数だ。世界10兆ドル規模のファンドが追従しており、900以上の上場指数ファンド(ETF)がこの指数に基づいて投資対象と割合を決める。このうち新興国指数に追従する資金規模は1兆9000億ドルと推定される。韓国は中国、台湾、インドなどとともに新興国指数に編入されている。

  中国A株は上海と深セン証券市場に上場された内国人取引専用株式だったが、2014年の滬港通(香港で上海証券市場に投資)と2016年の深港通(香港で深セン証券市場に投資)を通じ外国人に一部開放された。昨年6月にMSCI新興国指数編入が決定され、今年5月と8月の定期変更の際に正式に含まれた。

  MSCI新興国指数には来年にサウジアラビアとアルゼンチンも新たに編入される。これを考慮するとMSCI新興国指数で韓国株式が占める割合は現在の14.8%から2020年5月には13.9%と0.9ポイント減ることになる。証券業界では企業の業績、為替相場など他の変数を除いて単純計算すると韓国証券市場から10兆~12兆ウォンの外国人資金が離脱すると分析した。

  指数編入比率が大きいサムスン電子、SKハイニックス、ポスコなど時価総額上位銘柄の打撃が大きくなると分析される。NH投資証券のチョ・ユンジュ研究員は「中国中型株、サウジ編入など外国人需給の側面から韓国証券市場に良くないシナリオがひとつふたつと現実化している」と懸念する。

  別のグローバル株価指数提供会社FTSEラッセルも中国A株を指数に含む計画を27日に発表する。キープライベートバンクのブルース・マケイン最高投資戦略家は「新興国の投資家が投資国株式の主要指数編入のニュースに迅速に反応するだけに今回も反応があるだろう」と予想した。この日中国上海総合指数は25.68ポイント(0.92%)上昇の2806.81で取引を終えた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事