近くて暖かく静か…酷寒の今こそ“沖縄バカンス”(1)

近くて暖かく静か…酷寒の今こそ“沖縄バカンス”(1)

2013年01月11日16時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
沖縄県渡嘉敷島の渡嘉志久ビーチ。 さわやかな海風と温かい日差しが真冬であることを忘れさせる。
  寒さが厳しい。 ソウルの最低気温は連日、氷点下10度前後だ。 どこか暖かくて静かなところはないだろうか。 どうせなら気楽に行ける近いところがいい。 そうだ、ここがある。 冬の平均気温が16度を上回る亜熱帯海洋性気候に、大小の160島が透明な海に連なって浮かんでいる日本の沖縄。 2011年に原発事故が発生した福島とは1760キロの距離だ。 福島-ソウルの距離よりも遠い。 海流も沖縄から福島側に流れる。 心配はないということだ。

  ◇透明な海で熱帯魚と戯れる

  「めんそーれ!」。昨年12月24日。 沖縄本島に到着すると、小麦色の顔で大きな目をした沖縄の人が歓迎のあいさつをする。 日本語では「ようこそ」では? ガイドはこう説明した。「沖縄は19世紀まで琉球王国という独立国でした。 人の顔立ちも、文化も、方言も日本本土とはかなり違います」。

  翌日朝、シュノーケルリングのため渡嘉敷島に向かった。 気温20度、水温23度。 海風がさわやかな晴れた日だった。 沖縄本島の泊港からフェリーで1時間20分、渡嘉敷島が姿を現した。 毎年12月から4月まで渡嘉敷島沖にはザトウクジラが繁殖のために訪れるという。

  渡嘉敷島のシュノーケルリング名所は「阿波連ビーチ」と「渡嘉志久ビーチ」。 軟らかい砂浜と芝の公園が交わる渡嘉志久ビーチを選択した。 日本でクリスマスは公休日でないためか、昼の海浜は静かだった。 海浜から250メートルほど離れたところに船を停め、海に入った。 コーラルブルーの海は4-6メートルの深さまで透けて見える。 サンゴ礁の間で美しい熱帯魚が輝いている。

  沖縄にはシュノーケルリングだけでなく、沈没した船舶・遺跡や海底洞窟を探険する体験ダイビング、水上スキ―、カヤックなど、さまざまな海洋レジャースポーツがある。 本島近海には8メートル前後のジンベイザメと泳ぐダイビングポイントもある。 沖縄で会った海の生物は本島北部の「海洋博公園」の美ら海水族館で復習できる。 海洋博公園では一日3、4回、無料イルカショーも行われる。

近くて暖かく静か…酷寒の今こそ“沖縄バカンス”(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 沖縄県渡嘉敷島の渡嘉志久ビーチ。 さわやかな海風と温かい日差しが真冬であることを忘れさせる。
  • 19世紀まで沖縄に存在した琉球王国の伝統踊り。 籠と櫓を使って沖縄漁民の生活像を見せている。
  • 透きとおった水と美しい熱帯魚が調和する渡嘉志久ビーチはシュノーケルリングの名所。