「気軽に買って着る韓服を夢見る」…日本旅行でインスピレーション得た(1)

「気軽に買って着る韓服を夢見る」…日本旅行でインスピレーション得た(1)

2019年03月21日11時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
セットの韓服ではなく上衣と下衣の色を好きなように組み合わせられる好好堂の韓服。既製服のように売り場に立ち寄り、その場で購入できる。
  「初めての海外旅行で日本に行ったのですが、お祭りで日本人が伝統衣装を素敵に着飾って外出するのを見て衝撃を受けました」

  ソウル鍾路区清雲洞(チョンノグ・チョンウンドン)でライフスタイル・ショップ「好好堂(ホホダン)」を運営するヤン・ジョンウン代表(35)は「気軽に着る韓服」について長い間悩んできた。ポジャギ(風呂敷)など韓国の色が込められた物を販売する好好堂でことし1月、韓服ブランド「ヒストリー・バイ・好好堂」を始めた理由だ。

  特殊衣装の製作をしていた両親の影響を受け、幼少期から美しい韓服に接してきたヤン代表は日常で着る伝統韓服への夢を常日頃抱いていた。その思いの種は大学生時代に日本旅行で生まれた。ちょうど花火祭りに出かける日本人がユカタで素敵に着飾った姿を見てからだった。その後立ち寄った日本SPA(製造小売業)ブランド「UNIQLO(ユニクロ)」でユカタをS、M、Lサイズで既製服のように売っているのを見て韓服もこのように簡単に買えたら良いと考えた。

  その思いの種は2013年に始めたライフスタイル・ショップ好好堂で実った。韓国伝統食品を専攻した後、披露宴の食事など贈り物用食品関連の仕事をし、食べ物を包む美しいポジャギを買う術がないため自分で作ってみようと始めたショップが好好堂だ。洗練された配色と高級な素材で有名な好好堂のポジャギはアモーレパシフィックなどの韓国ブランドだけでなくルイ・ヴィトン、ヴァレクストラなど海外高級ブランドでも製作オファーが相次ぐなど成功している。韓服ブランドを本格的に作るという決意も好好堂のポジャギを好むファンができてからだ。ポジャギを買って使うということを考えて見なかったという人々も好好堂のポジャギに接し、日常で気軽に活用するのを見たからだ。

  ヤン代表は結婚する時に作った「緑衣紅裳〔緑のチョゴリ(上衣)に赤いスカート〕」を親戚の結婚式でも着たいと思いチョゴリだけ別に買おうとしたが容易ではなかった記憶を思い浮かべた。チョゴリだけ売っている所もなかったし、費用もほとんどもう1着作った方が良いと思う程高かった。

  好好堂の韓服は既製服のようにすぐ買い、別々に買える。チョゴリとスカートを単品で別々に購入することができる。成人基準でサイズもXSからLまで売り場に揃っていてその場で買うこともできる。オンライン購入も可能だ。もちろんオーダーメイドではないためカラーと素材には限界がある。成人基準、チョゴリとスカートは素材別に3~5種類の色を提供する。希望のチョゴリの色を選んだ後、それに合うスカートの色を選び、オッコルム(チョゴリのリボン)の色を決める。色のパターンは3~5種類だが、チョゴリとスカート、オッコルムの3つのカラーを組み合わせれば物足りなくない程多くの組み合わせができる。洋緞(ヤンダン)生地のチョゴリにノバン生地のスカートを合わせるなど2種類の素材を混ぜることもできる。

「気軽に買って着る韓服を夢見る」…日本旅行でインスピレーション得た(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事