パク・ソルミ「苦労して冬ソナ出演を獲得」

パク・ソルミ「苦労して冬ソナ出演を獲得」

2005年11月10日20時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  日本国内の韓流ブームの核「冬のソナタ」に出演したことで韓流スターに浮上したパク・ソルミが、「冬のソナタ」出演は苦労して決まったというエピソードを明らかにした。

  10日午後、ソウル汝矣島(ヨウィド)KBS(韓国放送公社)新館で開かれたKBS(韓国放送公社)2新ドラマ「黄金のリンゴ」試写会場で会ったパク・ソルミは、「プロデューサーと作家の反対にもかかわらず、5度も足を運んで冬ソナ出演が決まった」と明らかにした。

  冬ソナでペ・ヨンジュンを愛するチェリン役を演じたパク・ソルミは‘チェ・ジウの恋敵’と呼ばれながら韓流スターに浮上した。

  一方、SBS(ソウル放送)「オールイン」以来3年ぶりにドラマ出演するパク・ソルミは「恋人(チソン)から頑張れという電話があった」とし、「明るく力強く生きる田舎の女性キョンスク役でイメージを一新したい」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事