エンジン火災…別の飛行機と偽って乗せたアシアナ

エンジン火災…別の飛行機と偽って乗せたアシアナ

2016年06月28日07時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アシアナ航空が離陸直前に航空機のエンジンで火災が発生したにもかかわらず、乗客に「別の飛行機を用意する」と言って安心させた後、同じ飛行機を修理して乗せたことが明らかになった。

  24日午前11時30分(現地時間)ごろ、米ニューヨークのジョン・F・ケネディ空港で離陸を待っていたアシアナ航空OZ222便、A380機種の航空機のエンジンから原因不明の出火があった。2時間後、乗客400人を乗せて仁川(インチョン)国際空港に向けて出発する予定の航空機だった。航空会社側は消防署に申告し、調査・修理に入った。飛行機への搭乗を待っていた乗客は午後1時ごろ、航空会社から「航空機の欠陥のため午後4時30分の飛行機に出発が遅れる」という公示を受けた。午後4時ごろには「きょうの出発がキャンセルになった。明日午後4時30分に出発する」という公示を受けた。不安な乗客が「機体の欠陥があるのに問題はないのか」と問い合わせすると、航空会社の職員は「韓国から到着した別の飛行機に乗っていく」と公示した。

  乗客は結局、当日夜はホテルなどで宿泊した後、翌日午後に空港に到着した。午後4時30分出発予定の航空便はまた午後6時30分に遅れた。しかし搭乗を待っていた乗客は、滑走路で離陸を待つ航空機が、機体の欠陥のため前日飛ばなかった航空機であることに気づいた。

  航空会社側は「同じ航空機であるのは事実。申し訳ない」と釈明したが、抗議する乗客のため空港警察までが出動した。結局、この航空機は26日午後10時に仁川空港に到着した。乗客は韓国に到着した後、機体の欠陥が具体的にエンジンの火災だったことを知った。

  航空会社の関係者は「エンジンを調べた結果、燃料漏れによる軽微な火災であることが分かり、製作会社(エアバス)の関係者を呼んで修理した後に出発させた」とし「軽微な火災の場合、同じ航空機を飛ばしても問題にならない」と述べた。

  しかし航空機の核心であるエンジンで火災が発生したにもかかわらず、4、5時間後に飛行機を修理してまた投入するなど、運航を急ぐために乗客の安全を担保に無理に飛ばしたという指摘がある。また、顧客には別の飛行機と伝えながら火災が発生した飛行機を修理して運航した点も問題だという批判だ。

  搭乗客のパクさん(33)は「自動車でもなく飛行機のエンジンに火災が発生したのに、数時間後に修理して飛ばすと判断した措置を理解することができない」と述べた。元航空機操縦士のキム・ヨンソク韓瑞大航空運航学科教授は「エンジンの火災は搭乗客の安全と直結する部分であるだけに、十分に点検・修理した後に運航するかどうかを判断しなければいけない」と指摘した。

  先月27日には大韓航空の航空機が東京羽田空港で離陸する際、エンジンの火災で乗客が非常脱出する事故が発生している。この飛行機はまだ火災の原因を調査中という。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事