“セウカンからネズミの頭?”スナック菓子に異物混入

“セウカンからネズミの頭?”スナック菓子に異物混入

2008年03月18日07時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  農心「正確な原因を調査中」

  食品医薬品安全庁は(株)農心(ノンシム)釜山工場で作られたスナック菓子‘カラオケセウカン’からネズミの頭と推定される異物を確認したと17日発表した(写真)。

  食医薬庁関係者はこの日「この製品からネズミの頭が出たという情報提供を受け13日、調査を始めた」とし「長さが16ミリある異物は、毛の焼けた跡があるネズミの頭とみられる」とコメントした。食医薬庁は、セウカンの主原料を半製品形態で製造、包装する農心の中国工場で異物が入ったものと推定している。これに対して農心関係者は「どうしてこんなことが起こったのか、会社次元で原因を調査している。しかし、結果がどう出ても責任を取って適切な措置を取りたい」と話している。

  食医薬庁は(株)農心に対し、施設改修命令を下し、今月末、中国現地工場に対する実態調査をすることにしている。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事