韓国海軍、中国国際観艦式に新型護衛艦を派遣

韓国海軍、中国国際観艦式に新型護衛艦を派遣

2019年04月19日10時33分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国海軍第2艦隊所属の新型護衛艦「京義(キョンギ)」(FFG、2500トン級)が22-25日に中国青島で開催される中国国際観艦式に参加すると、韓国海軍が19日明らかにした。

  2014年10月に就役した「京義」は全長114メートル、全幅14メートルで、艦対艦誘導弾と5インチ艦砲、魚雷などで武装している。最大速力は時速55キロ。

  海軍は「『京義』は海上パレードだけでなく、中国国民および観艦式参加外国軍を対象にした艦艇公開、参加国間の親善活動などもする」と説明した。

  一方、中国海軍創設70周年を記念して開かれる今回の観艦式には北朝鮮のキム・ミョンシク海軍司令官(大将)、海上自衛隊トップの山村浩海上幕僚長も出席するという。各国代表が出席する公式・非公式行事が開かれるため、南北将官間の接触があるかどうかも注目される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事