IAEA調査団「韓国古里1号機、発電設備状態は良好」

IAEA調査団「韓国古里1号機、発電設備状態は良好」

2012年06月11日16時21分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の古里(コリ)原発1号機の状態は良好であることが確認された。

  国際原子力機関(IAEA)専門家安全点検団は11日、韓国水力原子力古里原子力本部で開いた記者会見で、「2月9日に発生した停電事故の原因だった非常ディーゼル発電機を含む発電所の設備の状態が良好であることを確認した」と明らかにした。

  IAEA8人の安全点検団は4日から11日まで、古里1号機の停電事故に関する組織行政および安全文化、運転、整備、運転経験の4分野に対する点検を実施した。

  点検団は、停電事故の原因だった非常ディーゼル発電機を含む発電所の設備状態が良好であることを確認した。 また、古里1号機停電事故隠蔽事件が発生した原因は、安全文化の欠如、発電所幹部のリーダーシップ不足などと診断した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事