「走る空気清浄機」水素タクシーがソウル市内を走る

「走る空気清浄機」水素タクシーがソウル市内を走る

2019年09月11日13時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  粒子状物質など排ガスが全くない「走る空気清浄機」水素タクシーがソウルを走る。ソウル市は10日午後2時から水素タクシー10台がソウル市内で運行を始めたと明らかにした。

  水素タクシーは1回の充填で約600キロを走行できる。充填時間は1台あたり5-6分。タクシーの運転手が一日230キロずつ2交代・12時間運行することを考慮すると、一度交代しても終日運行が可能だ。

  タクシー料金は従来の中型タクシーと変わらない。初乗りは3800ウォン(約344円)で、その後は距離料金132メートルあたり100ウォン、時間料金31秒あたり100ウォンが適用される。水素タクシーは排ガスを出さないだけでなく、外部の空気を流入して水素との反応で水を副産物として排出するため、汚染物質浄化機能まで備えている。ソウル市タクシー物流課のキム・ギボン課長は「水素タクシーを1時間運行すると、成人70人が吸い込む空気を浄化する効果がある」と期待を表した。

  水素タクシーの運行が始まったこの日、ソウル汝矣島(ヨイド)の国会には「国会水素充填所」が竣工した。年中無休で一日約70台を充填できる。このほかソウルには良才(ヤンジェ)、上岩(サンアム)と3カ所の水素充填所がある。来月には上一洞(サンイルドン)に水素充填所が追加で完工する予定だ。

  ソウル市は来年、水素タクシー4台を追加で導入する。環境にやさしい公共交通手段の水素市内バスも年内に7台を導入する計画だ。キム・ギボン課長は「水素タクシー実証事業を通じて水素自動車のタクシー適合性を検討する」とし「内燃機関車両より燃費の効率が高く、出力が高くて充填時間が短い水素タクシーが拡大普及する契機になることを望む」と述べた。

  この日竣工した国会水素充填所は産業部が「規制サンドボックス1号」として推進した事業でもある。規制サンドボックスは新しい製品・サービスに対して従来の規制を免除または猶予することで革新を促進する制度をいう。国会水素充填所の設置も立地制限なく国有地を賃貸する実証特例を認めた事例だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事