チョ・インソン-キム・ミニが破局…2年ももたない“愛の賞味期限”

チョ・インソン-キム・ミニが破局…2年ももたない“愛の賞味期限”

2014年09月25日10時07分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優のチョ・インソン(左)と女優のキム・ミニ
  ビジュアルカップルとして話題をさらっていた俳優のチョ・インソン(33)と女優のキム・ミニ(32)が破局を迎えた。

  2人をよく知るある芸能界関係者は24日、韓国日刊スポーツの取材に対して「2人は最近、破局し、先輩後輩関係に戻ることになった」と明らかにした。続いて「約1年6カ月の交際期間を終えて良い間柄になることにした」とし「世間はチョ・インソンと女優コン・ヒョジンの関係を疑っているがこれは全くあきれる話」と説明した。所属事務所も同日、日刊スポーツが初めて報道した後に公式資料を出して「2人が各自のスケジュールで互いに忙しかったため関係が疎遠になり、自然に別れることになった」と確認した。チョ・インソンとコン・ヒョジンの熱愛デマに関しては「確認されていない憶測と虚偽事実に遺憾を表し、デマの拡大再生産には強硬に対応する予定」と付け加えた。

  チョ・インソンとキム・ミニの交際事実が初めて伝えられたのは昨年1月だった。芸能界で独歩的な活動をしている2人の出会いは、当時、その事実だけでも大きな話題だった。韓国芸能界を代表するビジュアル俳優カップルという愛称で多くの人々の関心を引いた。何より2人が結婚適齢期に入っているため、良い結実を望むファンの願いも大きかった。2人は公式席上や放送番組などで相手について言及したことはないが、これといった大きな問題もなく順調に交際を続けてきたことが知られている。特にチョ・インソンがキム・ミニの親友として有名なコン・ヒョジンと、11日に放映終了したSBS(ソウル放送)の水木ドラマ『大丈夫、愛だ』で共演して耳目を集めていた。しかし、公開恋愛を宣言してから1年6カ月で結局「恋人」から「友人」に戻ることになった。

  一方、チョ・インソンはドラマ終映後はKBS(韓国放送公社)第2テレビの日曜芸能バラエティ番組『1泊2日』に出演したりプロ野球の始球者として登場するなど、多方面で旺盛な活動をしている。キム・ミニは映画『泣く男』以後、次回作を選びながら休息を取っている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事