米ABC放送、歌手Rainのドキュメンタリー作る

米ABC放送、歌手Rainのドキュメンタリー作る

2006年05月09日13時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  米国の3大放送のうちの1つABC放送が歌手ピ(Rain、本名チョン・ジフン)のドキュメンタリーを作って放送する計画を立てており、韓流の米国進出に大きく影響を及ぼしそうだ。

  米国の時事週間タイムが選定した「世界で最も影響力のある100人」のパーティーに参加するためにニューヨークを訪問中のピは8日(現地時間)午後、ニューヨーク駐在特派員たちと懇談会を開き、「ABC放送のルーディー・バッドナーPDからドキュメンタリーを作ろうという提案を受けた」と述べた。バッドナーPDは「米国の関心が徐々にアジアの方へ傾いている」とし「アジアのコードが『Rain(ピ)』であるだけに、ピのドキュメンタリーを作りたい」と言ったということだ。

  バッドナーPDは特に「アジアでピの影響力がどれくらいかよく分かっている」とし「米国でも成功する可能性があるので私が(米主要放送社のうち)初めてピと一緒に働いてみたい」と言った。

  ピは「2月、マンハッタン・メディソンスクエアガーデン公演に続いてタイムによって100人に選定され(米国側で) 10件ほどのオファーが入って来ている」とし「今年のアジアツアーを終えた後、米国でも活動をしたい」と述べた。続いてピは、この日の夕方、マンハッタン60街のジャズアットリンカーンセンターで授賞式を兼ねて開かれた「タイム100人パーティー」に父チョン・ギチュンさん(51)とともに出席、 会場までレッドカーペットを踏んだ。

  ピは「とてもうれしい」と所感を明らかにして 「TIMEが選定した100人に入ったということだけでもこれから機会をたくさん与えられたようだ」と述べた。

  一方、授賞式が開かれるリンカーンセンター建物の前には10代少女たちが「ピ愛してます」などと書かれたプラカードを持って待機し、ピが7日、ニューヨーク空港に到着したときにはファン100人が出迎えていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事