KARA5人が日本で再会…正常活動は可能か

KARA5人が日本で再会…正常活動は可能か

2011年02月17日11時45分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
活動存亡の危機にある中、日本での活動を再開する予定のKARA。
  



  危機のKARAが日本での活動を再開する。だが“訴訟”という渦とファンからの強い非難の中で正常な活動が可能なのかは疑問だ。

  KARAのパク・ギュリとク・ハラ、ニコル、カン・ジヨンは17日に日本行きの飛行機に乗りテレビ東京のドラマ「URAKARA」の撮影を開始する。今回の撮影分は3月4日放映分で、今回の話の主演格となるハン・スンヨンは単独シーン撮影のため一足早く16日に出国した。

  ハン・スンヨンは金浦空港で顔を完全に隠したまま頭を下げ出国した。

  KARAのメンバーらは訴訟後事実上初めての公式活動で、ぎこちない再会となる。今回の問題発生以後もメンバーの仲に変わりはなく良好だと明らかにしているが、ハン・スンヨンの父親が日本の放送局とのインタビューでリーダーのギュリの責任論を云々しており、以前のような関係が持続するかも疑問だ。

  日本メディアに“1万円グループ”の烙印を押されたKARAは韓日両国で叱咤を受けているだけでなく、韓流市場全体を揺さぶるほど否定的な影響を及ぼしている。

【特集】東方神起に続きKARAも・・・韓国アイドルグループの専属契約紛争

【ホットクリック】

・K2戦車の国産化を断念? 核心部品輸入を考慮中
・KARAのハン・スンヨンが単独出国「父の発言とは無関係」
・金正哲は「北朝鮮M世代」の象徴?…正男・正哲・正恩の関係は
・「アジア版EU」を夢見る人たち
・海賊に追われた韓国貨物船、中国軍艦に救出される
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事