【噴水台】ソン・キム駐韓米大使、傍点は「韓国系」ではなく「米国人」に

【噴水台】ソン・キム駐韓米大使、傍点は「韓国系」ではなく「米国人」に

2011年11月13日11時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  新聞社の後輩からおもしろい経験談を聞いた。後輩の父親は外交官なので幼い時期をブラジルで過ごした。小学校5年の時に父親について日本に引っ越した。日本の小学校に初めて登校した日にびっくりした記憶がまだ生々しいという。クラスのすべての子どもたちの髪の色が黒かったためだった。多人種社会のブラジルでは髪・肌・目の色が違うのはあまりにも当然だったという話だ。日本である程度適応したおかげで後日韓国にきた時は別に驚かなかったといった。

  ゆっくりとだが多文化社会へと移行中の韓国だが、まだ自分と異なる容貌に対する異質感・拒否感は根強い。拒否感の反対側には同じ容貌、同じ血筋に対する強烈な同質感が位置している。この同質感が時に錯覚を生む。一昨日午後仁川(インチョン)空港を通じて入国したソン・キム新任駐韓米国大使の明るい姿を見ての考えだ。一部メディアはキム大使の赴任を「錦衣還郷(故郷に錦を飾る)」と表現した。中学1年生まで韓国に住んでいたので故郷に来たというのは正しい。駐韓米国大使の地位を考えれば錦の服を着たともいえる。しかしあくまでも米国政府が着せた錦の服だ。彼は今後服の価値を明確にしなければならない。米国に忠誠を誓った米国市民権者としてあまりにも当然の義務だ。

  ソン・キム大使のように外国で活躍する韓国系はますます増えるだろう。何日か前には米バージニア州下院議員マーク・キム氏が再選に成功した。7歳の時フランスに養子縁組に出された韓国系ジャン=ヴァンサン・プラセ氏は2カ月前に仏上院議員に当選した。反対にわが国でも遠くない未来に中国系国会議員が出てきて、駐ベトナム韓国大使にベトナム系韓国人が赴任するかもしれない。

  出身国に外交官として赴任すれば駐在国事情に明るく人脈も豊富なためメリットが多い。文化の違いによる不必要な誤解はないため懸案をスムーズに解決していける。その結果がウィンウィンならば良い。しかし激しく国益を争う外交はすべてウィンウィンで終わるものはない。遠い昔朝鮮時代には朝鮮出身で明の宦官になった尹鳳(ユンボン)、鄭同(チョンドン)のような人物は故国に勅使にくるたびに苦しめられなければならなかった。尹鳳が勅使接待を受け帰る時は贈り物の箱が宿舎の太平館(今のソウル・西小門洞)から母岳チェまで並ぶほどだった。高麗時代には元の皇后になった妹の権力を信じて奇氏兄弟が得意の絶頂になったこともある。

  もちろんソン・キム大使は明の宦官でもなく、元のダルガチでもない。韓国系米国人であり米国政府官僚だ。私たちが勘違いすべきでないことは、彼はあくまでも米国人という点だ。米国の国益が優先の彼の立場を理解して認めなければならない。「韓国系米国人」で傍点は「韓国系」でなく「米国人」につけられなければならないという話だ。

  ノ・ジェヒョン論説委員・文化専門記者
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事