「五輪8回出場」日本のスキージャンプレジェンドもひるむ平昌の強風

「五輪8回出場」日本のスキージャンプレジェンドもひるむ平昌の強風

2018年02月12日09時13分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「『こんなの中止でしょう』ってちょっと心の隅で文句いいながら寒さに耐えていた」。

  過去初めて冬季五輪8回出場の歴史を新しく書いた日本スキージャンプの「レジェンド」葛西紀明(46)が伝えた平昌(ピョンチャン)の所感だ。葛西は10日に平昌アルペンシアスキージャンプセンターで開かれたスキージャンプ男子ノーマルヒール個人戦決勝で1回目104.5メートル、2回目99.0メートルを飛び総合213.3点で21位を記録した。1992年アルベールビル大会で冬季五輪に初めて出場した葛西は、今回の平昌大会出場で個人通算8回の五輪出場という大記録を打ち立てた。これまで冬季五輪最多出場記録は葛西とロシアのリュージュ選手アルベルト・デムチェンコ(47)が持つ7回だった。

  だがこうしたベテラン選手にも平昌の寒さは手強い条件だった。葛西は競技後に日本のデイリースポーツとのインタビューで「(寒さは)もう信じられないぐらい。風の音がすっごいんですよ。気持ちが怯むぐらい」として平昌の寒さと強風に舌を巻いた。氷点下10度を下回る気温で高いスキージャンプ台の上に立てばさらに寒く感じられるのが当然だ。ここに激しい風が加わり、「体感温度氷点下30度」という言葉もしばしば出ている。葛西は「W杯でもほぼない条件。『こんなの中止でしょう』ってちょっと心の隅で文句いいながら寒さに耐えてました」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事