現代車、米国で「世界10大エンジン」に選定…「すべての評価項目で満足」

現代車、米国で「世界10大エンジン」に選定…「すべての評価項目で満足」

2016年12月14日07時30分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
キャパ1.4ガソリンターボエンジン(写真=現代自動車)
  現代自動車のキャパ1.4ガソリンターボエンジンが「世界10大エンジン」に選定された。

  現代車は「エラントラエコ」モデルに搭載されたキャパ1.4ガソリンターボエンジンが米国自動車専門メディア「ウォーズオート」の「2017年10大エンジン」に選ばれたと13日、明らかにした。

  5月に発売された「エラントラエコ」は「アバンテ」の北米戦略型モデル。最高出力130馬力、最大トルク21.5kg・m性能のキャパ1.4ガソリンターボエンジンと7段ダブルクラッチトランスミッション(DCT)を搭載している

  ウォーズオート側は「車級を越える燃費と性能を提供する小型エンジンを物色した結果、現代エラントラエコのキャパ1.4ガソリンターボエンジンを選定した」とし「キャパ1.4ガソリンターボエンジンは静粛性と性能、経済性、燃料効率性など評価項目すべてで満足だった」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事