<平昌五輪>米NBC「日本の植民支配を美化」開会式中継での妄言に謝罪

<平昌五輪>米NBC「日本の植民支配を美化」開会式中継での妄言に謝罪

2018年02月12日08時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)の主管放送社である米NBCが日本の植民支配を美化した開会式の解説者の発言に対して正式に謝罪した。平昌五輪組織委員会は11日「NBCから『開会式の中継陣が不適切な発言で大韓民国国民の気分を害したことを理解し、謝罪する』という内容の公式書簡を受け取った」と明らかにした。

  NBCは9日、開会式の中継途中、日本選手団が入場すると「日本は1910年から1945年まで韓国を支配した国」と紹介し、「全ての韓国人にとって発展過程で日本が文化や技術、経済的に重要なモデルになったと話す」と伝えた。

  問題の発言をした人はNBCの通信員資格で韓国に来たジョシュア・クーパー・ラモ氏だった。彼は米国内アジア専門家で、2008年北京五輪の開会式でも特派員として活動した。現在、ヘンリー・キッシンジャー元米国務長官が運営しているコンサルティング会社「キッシンジャー・アソシエーツ」の最高経営責任者だ。

  この解説者の妄言は海外在住韓国人コミュニティを中心にネット上で急速に広まっている。韓国のネットユーザーは「日本の植民支配を擁護して韓国を卑下した妄言」としながら強く反発した。非難世論が暴走すると、NBCはホームページに掲載した開会式の映像からアンカーと解説者のコメントを削除した。

  組織委はこの発言が出てくるとNBC側に即時抗議した。NBCは11日午前、組織委を通じて公式的な謝罪のメッセージを送り、7500万人が視聴する自社の生放送の朝番組を通じて謝罪を伝えた。

  NBCが謝罪したが、韓国内ネットユーザーの反応は冷たい。NBCの会社レベルでの遺憾表明だけでは足りないという主張だ。彼らは妄言をしたラモ氏の直接謝罪を求めた。「謝罪で終わることでない」として政府レベルでの公式抗議をしなければならないという意見も出ている。

  ◆タイムズ紙「済州(チェジュ)は日本の島」表記で物議=英日刊紙「タイムズ」は平昌五輪の開会式で南北選手団が合同入場で使った統一旗(朝鮮半島旗・韓半島旗)に描かれた済州道を「日本が所有している島」と写真説明に表記して物議をかもした。済州道を独島(ドクト、日本名・竹島)に錯覚したのはもちろん、独島だったとしても日本が所有したと表現する無知を露わにしたわけだ。駐英韓国大使館側は訂正報道を要求していると明らかにした。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事