韓国、“クジラに挟まれたエビ”コンプレックス捨てるべき(1)

韓国、“クジラに挟まれたエビ”コンプレックス捨てるべき(1)

2013年08月28日15時51分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
エマニュエル・パストリッチ慶煕大フマニタスカレッジ教授
  「韓国戦争(1950-53)が休戦に入った1953年、韓国の1人当たりの国内総生産(GDP)は67ドルで、ソマリアと同じレベルだった」。

  “韓国の奇跡”を語るときに決まって登場する話だ。韓国経済の輝かしい成長を端的に見せる数値であり、韓国人が誇らしく引用するファクトでもある。しかしこのように誇るのは賢明なのだろうか。これは大きなマイナスだとして首を横に振る青い目の外国人学者がいる。エマニュエル・パストリッチ(韓国名イ・マンヨル)慶煕大フマニタスカレッジ教授(49)だ。

  パストリッチ教授が指摘する点は、輝かしい韓国伝統文化に対する無視だ。「かつて韓国がソマリアと似ていたと強調すれば、文化レベルまで同じだったという誤解を招く」ということだ。こうした推定は望まない結果を招く。韓国全般を軽視することで、韓国人や韓国製品に対する信頼性の危機につながりかねない。韓国製品、韓国企業、韓国経済が待遇を受けられない「コリアディスカウント」の起源だ。

  パストリッチ教授は、韓国の過去を見て未来を知る東アジア専門家であり、グローバルな人文学者だ。米国で生まれて育ったが、韓国語・日本語・中国語の3カ国語を話す。米エール大で中国文学を専攻した後、日本に渡り、東京大で修士を取得した。その後、米ハーバード大に進学し、日中間の比較文学で博士学位を取得した。

  韓国との縁は学問的な動機から始まった。「中国・日本文学を研究してみると、間に挟まれた韓国も知る必要があると思った」という。そしてソウル大学で1年間韓国語を勉強した。当時、パストリッチ教授は感じたという。韓国独特の「文化的柔軟性」を。「何かは分からないが、韓国文化には相当な可能性があると信じた」という説明だ。

  このためパストリッチ教授は最近、韓国文化に心酔している。夫人が韓国人という点も関係している。韓国に6年間滞在中のパストリッチ教授は誰よりも韓国文化礼賛論者だ。韓国の伝統を研究してきたパストリッチ教授の結論はこうだ。「韓国は優れた文化的伝統を持つ国であり、すでに先進国」ということだ。このため正しいアイデンティティを回復すると同時に、それに合った戦略を選択する必要がある、というのがパストリッチ教授の主張だ。

  こうした認識に基づきパストリッチ教授は最近、『韓国人だけが知らない別の大韓民国』という本を出した。22日に行われたインタビューと本の内容に基づき、パストリッチ教授の診断と助言を紹介する。

  ◆韓国を大きく上回る先進国はない

  韓国は各種指標と国家ブランドイメージなどで見ると、すでに先進国だ。それでも韓国人は高い評価に慣れていない。「国際社会で指導的な役割を果たすべきだ」と話すと当惑する。ここで頑張らなければ貧困国に落ちると心配している。本当の先進国とは考えていないということだ。韓国は2世代で先進国入りした唯一の国だ。短い期間だったため、韓国は自らの地位をきちんと認識する余裕がなかった。まだ低開発国のアイデンティティから抜け出していないのだ。

  特に韓国人は地政学的な状況から自らを「クジラに挟まれたエビ」と認識している。不運にも周辺国は世界最強の中国・日本・ロシアだ。領土・人口などを比べると、自国を弱小国と感じるしかない。さらに韓国では「先進国」の概念さえも明確でない。時には米国を意味したり、欧州・日本を含めたりする。先進国とは韓国と著しい差があるユートピアだという認識もある。しかし大差で韓国を上回る先進国は存在しない。

  韓国人はあまり認めていないが、すでに韓国はあらゆる面でレベルの高い国だ。弱小国という誤った認識は重大な問題点を招く。一つ目、先進国にふさわしい責任にも背を向ける。二つ目、先進国型国家戦略ではなく開発途上国に合う政策を選択することで足かせが生じる。三つ目、模範国家に生まれ変わる機会を失い、過去の植民地、韓国戦争の戦場という否定的なイメージを解消する機会を失う。これは結果的に第2、第3の韓国を目指す国を失望させる危険がある。

  自己卑下は経済的に大きな被害を与える。韓国製品、韓国企業の価値が十分に認められない「コリアディスカウント」だ。韓国貿易協会の資料によると、2011年の韓国の輸出規模は5560億ドルだ。しかし韓国が国際的に受けるディスカウント比率は平均9.3%で、輸出額を基準にすると58兆ウォンとなる。もし十分に認められ、その58兆ウォンを追加で受けたとしよう。このお金を対外援助に使ったとすれば、韓国は地球村の最大の救世主になったはずだ。

  こうした屈辱から抜け出すためにはどうすればよいのか。パストリッチ教授は韓国人のアイデンティティにプライドを持つことを注文している。「韓国は人口2000万人以上の国のうち、帝国主義を採択せずに先進国になった最初の国」というのがパストリッチ教授の主張だ。同時に、各種文化的な遺産を再発見し、これを広く誇って知らせる必要があると助言している。(中央SUNDAY第337号)

韓国、“クジラに挟まれたエビ”コンプレックス捨てるべき(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事