GD→SOL→D-LITEでBIGBANGは軍入隊ラッシュ…2年の空白を埋める武器は?

GD→SOL→D-LITEでBIGBANGは軍入隊ラッシュ…2年の空白を埋める武器は?

2018年03月13日15時10分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
G-DRAGON(左)とSOLの入隊の様子
  BIGBANG(ビッグバン)のメンバーのうち、4人が兵役義務に就いた。今年、龍山(ヨンサン)区庁で社会服務要員として服務を再開させたT.O.P(トップ)を筆頭に、江原道(カンウォンド)の前方部隊に入所したG-DRAGON(ジードラゴン)・SOL(ソル)・D-LITE(ディライト)に至るまで、軍入隊ラッシュはひとまず一段落した。入隊がまだのV.I(ヴィアイ)まで考慮すると、完全体BIGBANGは早くても2020年まで待たなければならない。2年という長い空白期間が予告される中、BIGBANGの歴史は現在進行形だ。

  D-LITEは13日午後、江原道華川(ファチョン)の陸軍第27師団イギジャ新兵教育隊に入所する。G-DRAGONが服務中の鉄原(チョルウォン)陸軍第3師団白骨部隊、SOLが訓練を受けている第6師団青星部隊に隣接する場所だ。江原道の最前方三角形地域を守ることになった彼らは5週間の基礎軍事訓練を受けた後、それぞれ自隊配置を受けて現役で服務につくことになっている。

  除隊日は2019年に集中している。6月にT.O.Pがまず最初に招集が解除され、G-DRAGONは11月26日、SOLは12月11日、D-LITEは12月12日にそれぞれ除隊する。1年以内に次から次へとカムバックする最近のアイドルグループ市場に照らし合わせてみると、2年という空白期間はどうしても長い時間になってしまう。特に「YGの大黒柱」「最高の韓流グループ」としての役割を12年間も果たしてきたBIGBANGということで、ファンは入隊という当然の義務であってもその空白を大きく感じざるを得ない。

  YGエンターテインメントは体感空白期を最小限に抑えようと工夫を凝らしている。D-LITEが入隊する日に合わせた13日午後6時、完全体による新曲『花道』をリリースする。2016年のフルアルバム『MAFDE』のレコーディング作業当時、BIGBANGの軍入隊を念頭に置いて作られたもので、約2年ぶりに世に送り出されることになった。G-DRAGONとT.O.Pが歌詞を書き、G-DRAGONは作曲にも参加し、ファンに対する気持ちを曲にそのまま込めた。5人のメンバーが花で表現されたポスターは、BIGBANGとファンクラブV.I.Pの間の切ない心を垣間見せている。

  あわせて、昨年6万人の観客とともに開催したコンサート「BIGBANG 2017 CONCERT [LAST DANCE] IN SEOUL」が今後DVDとして発売される。コンサートでV.Iは「カメラが皆さんを捉えたら大きな笑顔を向けてほしい。公演が終わっても映像で会えるから」と言って大きな歓呼を受けた。この公演でメンバーは「5人そろってまた会える日を心待ちにしている。(空白は)成長の時間になると思う」とし、軍入隊に対する気持ちを明らかにしていた。

  空白期に対するもう1枚の切り札は最年少のV.Iだ。V.Iは演技やバラエティなど、幅広い分野で縦横無尽に活躍している。JTBC『知っているお兄さん』やMBC(文化放送)『シングル男のハッピーライフ』、SBS(ソウル放送)『みにくいうちの子』に出演し、並ならぬ芸能センスを発揮して視聴者を魅了している。中国では初めての主演作『Love Only』が公開された。また、歌手としても旺盛に活動している。今年ソロアルバムのリリースを予定しているV.Iは、代表曲『STRONG BABY』『言わなきゃいけないことがある [GOTTA TALK TO U]』に続くヒットナンバーが期待させれている。V.Iは中国ビルボードを通じて「人々の音楽の好みは本当にすぐ変わる。結局、一番大切なのは調和だと思う。新しいソロアルバムは多彩なジャンルを扱っていて、ファンのためのエネルギーであふれているはず」と新譜について語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事