外国系企業55%「韓国の投資条件は劣悪」

外国系企業55%「韓国の投資条件は劣悪」

2014年01月13日14時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
55%の外国系企業が韓国の投資環境は劣悪であると評価している。(写真=中央日報フォトDB、写真は資料)
  韓国に進出した外国系企業の半分以上である55%が、韓国の投資環境は劣悪だと評価した。

  大韓商工会議所が13日に実施した「韓国投資環境に対する認識調査」の結果、「国内(韓国)投資環境は劣悪」という回答が55.2%にのぼった。

  調査によると、劣悪な理由として「政策に一貫性がない」という回答が32.5%で最も多く、「経済的変数」(27%)、「過度な規制」(23.4%)などが後に続いた。このほか、最も負担となる企業関連立法については「通常賃金、勤労時間の短縮などの労働立法」が35.4%で最も多かった。

  ネットユーザーは「外国と違う規制だからそう感じるはず」「政権が交代する度に政策が変わるから…」「そんなに規制が激しいのか」などとコメントしている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事