五輪中に一時故障の韓国気象衛星、2020年まで任務延長

五輪中に一時故障の韓国気象衛星、2020年まで任務延長

2018年03月13日15時06分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国国家宇宙開発事業を通じて最初に開発された千里眼衛星
  韓国科学技術情報通信部が静止軌道衛星「千里眼1号」の運営期限を今年4月から2020年3月まで2年延長すると13日、明らかにした。

  「千里眼1号」は2010年6月に打ち上げられた後、試験運営期間を経て2011年4月から現在まで7年間、気象および海洋観測、試験用通信中継など正規任務を遂行している。衛星本体および搭載体、地上局システムなどすべての部門が正常に稼働し、交信および軌道維持状態も良好であり、その間の安定した運用で残余燃料量も十分に残っているため任務の延長が決定した。

  「千里眼1号」の後続の静止軌道衛星として気象観測用「千里眼2A号」と海洋・環境観測用「千里眼2B号」を開発中だ。「千里眼2A号」は早ければ2018年11月に、「千里眼2B号」は2019年下半期に打ち上げられる予定で、最終的な打ち上げ日程は欧州企業「アーリアンスペース」と協議して確定する。

  一方、「千里眼1号」は平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)期間中の2月11日から15日まで4日間にわたり障害が生じた。本体メインコンピューターの不具合により気象観測任務が一時中断した。「千里眼1号」から映像を受けて天気予報に活用してきた韓国気象庁は日本の衛星映像を受信して天気予報をした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事