【コラム】韓日関係は「くもり時々雨」(1)

【コラム】韓日関係は「くもり時々雨」(1)

2013年07月31日09時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓日関係に対して「晴れ、時々くもり」程度なら良いと表現したのは作家のハン・スサン氏だ。しかし最近の両国関係は晴れ時々くもり程度ではなく、「くもり、時々雨」だ。いや、「くもり、時々豪雨」としてもおかしくない。歴史・領土をめぐる長い間の対立が最近になって「梅雨」を迎えた。北朝鮮問題がふくらむ際に韓国メディアにしばしば登場した「韓日米相互共助」というフレーズはいつの間にか見つけるのが難しくなった。空いた席を横取りした用語が「韓米中共助」だ。

  両国の対立はほぼ全方向だ。首脳会談は兆しさえ見られず、インターネット上での感情的な争いは民族主義の「主義」という言葉に合わないほど幼稚な水準だ。朴槿恵(パク・クネ)大統領が中国訪問で日本の歴史認識を婉曲に批判すると、日本側は「いない席で批判を受ければだれでも残念に思うもの」と反論した。外交長官間同士の初の会談を控え日本の官房長官が「通貨スワップ契約を延長せず会談が前倒しになった」と話し会談の雰囲気が良いはずはなかった。4日前にソウルで開かれた休戦60周年記念式に日本は招待されなかった。

  特に心配になるのは両国の知韓派・知日派政治家グループの没落だ。政治による関係復原力の喪失だ。韓日・日韓議員連盟の年次会合は昨年開かれなかった。一昨年ソウルで総会を開いたので昨年は東京の番だったが不発に終わった。韓国の大統領選挙が差し迫っていたというが、実際には李明博(イ・ミョンバク)前大統領の独島(ドクト、日本名・竹島)訪問と天皇関連発言の波紋が収拾しなかったためだった。

  今年の両国議員連盟総会もまだ日程を決められずにいる。代わりに冷ややかな気流が流れるだけだ。10年間にわたり日韓議員連盟会長を務めた森喜朗元首相が昨年10月に靖国神社を参拝した。韓日議員連盟会長のセヌリ党黄祐呂(ファン・ウヨ)代表は日本の独島挑発批判で先頭に立つ。政治家間には対外関係で一種の分業が必要だが、いまの韓日政界には分業も配慮もすべて放り出した格好だ。

【コラム】韓日関係は「くもり時々雨」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事