草なぎ剛、韓国ベストセラー「練炭の道」を翻訳出版

草なぎ剛、韓国ベストセラー「練炭の道」を翻訳出版

2011年01月10日14時17分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  人気グループSMAPのメンバーで、韓国では‘チョナン・カン’として有名な草なぎ剛(36)が国内のベストセラー本「練炭の道」を日本語で出版し、翻訳家としてデビューする。9日、サンケイスポーツなど日本の主要スポーツ紙は草なぎ剛が来月4日に、初めて手がけた翻訳本「月の街 山の街」(ワニブックス発行)を公開すると一斉に伝えた。

  原作の「練炭の道」は、イ・チョルファンが2000年からシリーズで出版し、合計360万部が売れたベストセラー。草なぎは2003年にワニブックスから翻訳のオファーを受けて「人の良さや幸せを描いた心暖まる本で、必ずやってみたい」と承諾したという。

  「練炭の道」は、著者イ・チョルファンが庶民の暮らしの中にあるささやかな幸せを元に描いた感動の実話集。草なぎはこのシリーズの中から心温まる29編を選んで、昨年の春から約1年にわたって翻訳してきた。

  草なぎは「いよいよ実を結び、皆さんの元にお届けすることができてとても嬉しく思う」とし「家族をとても大切にする心や深い愛情がうまく凝縮されているいい話で、日本人とは少し考えや感覚が違うが、その“違和感”こそが韓国にハマっている理由」と説明した。

  彼は続けて「いい勉強になった。今後も韓国人や韓国の作品に係わる仕事をしていきたい」と意欲を見せた。草なぎはこれに先駆け、韓国語会話本「チョンマルブック」シリーズを出版して人気を集めている。

  

【ホットクリック】

・李健煕サムスン会長「韓国、油断すればまた遅れる」
・中国、米国防長官の訪問前にステルス滑走試験…軍事力を誇示
・チェ・ジウ、草なぎ剛主演の日本ドラマに友情出演
・金滉植総理「28歳の金正恩が北朝鮮を統率できるか疑問」
・「竜山惨事」で退任の元ソウル警察庁長、大阪総領事に内定
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事