韓国の出産率、世界平均の半分にも及ばず

韓国の出産率、世界平均の半分にも及ばず

2005年10月12日14時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の合計出産率が世界平均の半分にも及ばないことが分かった。国連人口基金(UNFPA)と大韓家族保健福祉協会が12日に発表した「2005世界人口現況報告書・韓国版」によると、韓国の今年の合計出産率は1.22人。これは、世界平均(2.6人)の半分を下回るもの。

  先進国は1.57人、発展途上国は2.82人、低開発国は4.86人だった。出産率が最も低い香港は0.95人にとどまり、続いてウクライナ(1.13人)、チェコ・スロバキア(1.19人)などの順だった。韓国が世界の「超少子化国」に含まれたわけだ。北朝鮮の合計出産率は1.97人で、南北(韓国・北朝鮮)いずれも少子化対策作りが急がれている。

  世界の総人口は64億6470万人。人口が最も多い国は中国(13億1580万人)で、続いてインド(11億340万人)、米国(2億9820万人)などの順。韓国は4780万人で世界第25位であり、北朝鮮は2250万人・第47位だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事