アーチェリー・柔道・バドミントンが不振…東京五輪に赤信号=韓国

アーチェリー・柔道・バドミントンが不振…東京五輪に赤信号=韓国

2019年09月11日10時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
先月6日、忠清北道鎮川(ジンチョン)選手村で練習中の韓国女子アーチェリー代表チーム。
  2020東京オリンピック(五輪、7月24日-8月9日)開幕まであと318日だ。現在は種目別のワールドチャンピオンシップ(世界選手権大会)が行われている。五輪の前哨戦と見なされる世界選手権で韓国は多くの種目で不振が続いている。幅広い種目で好成績を出している五輪開催国の日本とは対照的だ。

  韓国柔道は1日に東京で閉幕した世界選手権で、金メダルはなく銀メダル1つ、銅メダル1つに終わった。一方、日本は16個のメダル(金5、銀6、銅5)を獲得した。とはいえ全種目席巻を狙っていた日本は満足していない雰囲気だ。

  韓国バドミントンは深刻だ。先月スイス・バーゼルで開催された世界選手権で2年連続ノーメダルに終わった。シングルス5人、ダブルス4チームが出場したが、一つも4強入りできなかった。一方、日本は金2、銀3、銅1で総合優勝した。5種目のうち4種目で決勝に進出し、女子ダブルスでは日本チーム同士が金メダルをかけて対戦した。世界選手権は五輪出場ポイントがかかった大会だった。

  7月の光州(クァンジュ)世界水泳選手権で韓国はキム・スジ(21)の銅メダル(ダイビング女子1メートルスプリングボード銅)が唯一のメダルだった。日本は金2、銀2、銅2のメダルを獲得した。特に瀬戸大也(25)は男子個人メドレー200メートルと400メートルを制した。

  日本は27日にカタールで開幕する世界陸上選手権でもメダルを期待している。2016リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得した男子4×100メートルリレーチーム、日本男子100メートル新記録(9秒97)保有者サニブラウン(20)が注目されている。韓国は10日現在確保した世界選手権トラック&フィールド出場権は棒高跳びのチン・ミンソプ(27)の1枚だけだ。

  問題が深刻なのは韓国の「メダル畑」だった種目でも振るわないからだ。2016リオデジャネイロ五輪で金メダル4つを獲得したアーチェリー(リカーブ)までが崩れている。6月の世界選手権の個人・団体戦で32年ぶりにノーゴールドに終わった。混成チーム(カン・チェヨン、イ・ウソク)だけが金メダルを手にした。

  ただ、テコンドーは5月の世界選手権でペ・ジュンソ(男子54キロ級)、チャン・ジュン(男子58キロ級)、シム・ジェヨン(女子46キロ級)、イ・ダビン(女子73キロ級)の金メダル(4個)で宗主国のプライドを守った。フェンシングのオ・サンウク(23、サーブル)は7月の世界選手権で個人戦と団体戦の2冠となった。

  なぜ韓国のスポーツがこのようになったのか。まず相手が成長した。アーチェリーはその間、韓国の独走を阻止するために持続的に競技方式が変更されてきた。これによって変数が増えた。さらに韓国人指導者が世界各地に出て行き、戦力が平準化した。バドミントンも似ている。日本は2004年に朴柱奉(パク・ジュボン)監督(55)を迎えて結果を出している。日本は国家代表約60人をA、Bチームに分けて運営している。一方、韓国はイ・ヨンデ(31)の後継者が見えない。昨年11月に監督も交代したが、結果は出ていない。

  特に文化体育観光部などが成績至上主義を「積弊」と見なし、スポーツ界全般が方向舵を失った船のようになっている。文化体育観光部は1月、「成績至上主義のエリート体育から抜け出す」と発表した。現場からは「突然どういうことなのか」という声が相次いだ。ソフトランディングの失敗で韓国スポーツ界は混沌としている。東京五輪を「強い日本」を世界に知らせる契機にするという日本とオーバーラップし、現場はさらに混乱している。

  在日同胞スポーツコラムニストの慎武宏(シン・ムグァン)氏は「日本は1996年の五輪の不振(金3個、23位)で選手育成の重要性を感じ、2000年に日本オリンピック委員会(JOC)がゴールドプランプロジェクトを始めた。2001年に国立スポーツ科学センター、2008年にナショナルトレーニングセンターを設立し、中高生を体系的に育成した。その結果が2012年から表れ、今まで続いている」と紹介した。日本の東京五輪での目標は金メダル30個だ。

  日本と比較すると韓国の目標はかなり低い。シン・チヨン鎮川(ジンチョン)選手村長は「韓国は金メダル5個などメダル15個が目標」と述べた。その多くが日本とぶつかる種目だ。球技種目のサッカー、野球、バレーボールで日本と競争する。

  特に新しく正式種目に含まれた空手の場合、日本の金メダル量産が予想される。韓国が信頼できる金メダル候補といえば女子ゴルフのコ・ジンヨン(24)とパク・ソンヒョン(26)、射撃の秦鍾午(チン・ジョンオ、40)ほどだ。選手層が厚くライバル国との実力差も大きいため1、2次国家代表選抜戦を省いて3次選抜戦だけをしていたアーチェリーも1次選抜戦から行う。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事