韓国、インド-日本-米国の手を握って中国の封鎖に出る

韓国、インド-日本-米国の手を握って中国の封鎖に出る

2017年03月31日08時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2016年、インドと中国の軍人が対テロ連合演習に参加している。(写真=中央フォト)
  韓国がTHAAD(高高度防衛ミサイル)体系の配備に反発する中国に対応する突破口を見つけた。中国と競争するインドと協力するという構想だ。今年初に作成された内部の資料によれば、韓国とインドは米国を中心に戦略的連帯を強化して中国を牽制するという構想を練り上げた。政府当局者は「これに日本も合流して『韓日米印』協力を作ることができる」と話した。韓国とインドは、単なる外交協力を超えて国防分野の協力を深化するという戦略も議論した。

  韓国とインドの協力は最近始まったものではない。国防部の関係者は「2000年代末から協力案を準備してきた」と話した。韓国とインドが国防分野で本格的な協力に出た契機は中国にある。米国のアジア回帰政策(Pivot to Asia)が打ち出された2011年から加速してきたという。中国に対する牽制が必要だという共通の見解が合致した結果だ。

  韓国とインドが共感する分野はさらにある。韓・インドの会談に出た関係者は「インドは北朝鮮の核兵器・ミサイル開発に関心が多い」として「インドも北朝鮮の非核化に向けて積極的に力を加えることにした」と話した。インドが北朝鮮の非核化をリードすることになったのは北朝鮮とパキスタンが核兵器とミサイル開発の技術を共有しているためだ。インドとパキスタンは宗教的理由で分断された後、軍事的紛争を経て競争的に核兵器開発に取り組んできた。このような理由で韓国とインドが戦略的協力に合意したわけだ。

  韓国とインドは相互兵器取り引きと技術協力を推進する計画だ。この関係者は「韓国とインドの国防科学の技術を比べてみると、協力が可能な対象を多数発見した」と伝えた。インドは韓国に比べて人工衛星・航空機技術で先んじているという分析だ。インドは1980年にすでに自らの技術で人工衛星の発射に成功した。一方、韓国は自走砲や潜水艦建造技術が比較的に優れていることが分かった。

  他の関係者は「インドは韓国産潜水艦の購入を検討していると知っている」とした。

  29日、インドを訪問中の林聖男(イム・ソンナム)外交部次官はプリティ・サラン外務次官と韓国とインドの「特別戦略的関係」を深化することで合意した。両国はもう一歩踏み込んで外交・国防次官連席会議(2プラス2)の創設にも意見を一致した。外交部の関係者は「昨年12月、原則的な合意にすでに至っており、実質的な手段は今年中に可能になるだろう」と見通した。協力によっては長官級に格上げられる可能性もあると伝えられている。

  韓国国防研究院(KIDA)のブ・ヒョンウク研究委員は「韓国とインドは国防分野だけでなく、経済協力も拡大している」とし、「韓・インド間協力は、安保と経済分野に両方とも利益が得られる一石二鳥の関係と言える」とした。彼は、「太平洋地域の地政学的構図を見れば、今後韓国とインドの協力はより早く進むだろう」と展望した。

  パク・ヨンハン/統一文化研究所研究委員
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 2016年、インドと中国の軍人が対テロ連合演習に参加している。(写真=中央フォト)
  • 昨年4月、インドは7回目の航法人工衛星ロケットの発射に成功した。(写真=インド宇宙研究機関)
  • 韓国海軍の214級(1800トン)潜水艦安重根艦が航海する姿。(写真=韓国海軍)
  • インドに訪問中の林聖男外交部次官(右)が28日、インドのプリティ・サラン外務次官を予防している。(写真=外交部)