イ・ソジン「キム・ジョンウンと決別後に沈黙した理由は…」

イ・ソジン「キム・ジョンウンと決別後に沈黙した理由は…」

2009年07月28日17時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



   「決別の理由と過程は永遠に胸の中にしまっておきたい」

  イ・ソジンがキム・ジョンウンと決別後、初めて心境を語った。 イ・ソジンは27日夜、日刊スポーツ(IS)とのインタビューで、昨年11月の破局後ずっと沈黙してきた理由について口を割った。

  イ・ソジンは「男としてそうすべきだと思った」とし「話す考えがあったならすぐにそうしていた。 今になって話しても何の意味もない。 いかなる同情も非難も受けたくない。 永遠に胸にしまっておく」と話した。

  破局が伝えられた昨年11月、イ・ソジンは香港を旅行中だった。 世間の関心は活発に活動中だったキム・ジョンウンに集中した。 キム・ジョンウンが一人で決別について説明し、苦労しながら活動する姿が続くと、イ・ソジンには「無責任だ」との非難が集中した。

  これに関しイ・ソジンは「当時、話したいことがなかったのではない。 しかし話すべきではないと心に決めた。 その頃、帰国する予定だったが、もし韓国に戻れば何か話すことになるかもしれなかったので、2カ月ほど帰国日程を遅らせた」と説明した。

  イ・ソジンはその間、演技活動はもちろん公式席上にほとんど姿を現さなかった理由について、「自然な日常を送っただけ」と短く語った。 イ・ソジンは「世間ではちっ居とか潜伏とかいう言葉が出ていたが、決してそうではない。 新しい趣味も持ち、多くの人に会った」とし「一人の女性にだけ集中して過ごしてきたが、もう少し多くの人たちに会いながら視野が広くなった」と述べた。

  イ・ソジンは8月5日から放送されるMBC(文化放送)水木曜ドラマ「魂」(脚本コ・ウンニム、イム・ウナ、演出キム・サンホ)で主人公の犯罪心理学者シン・リュ役を演じる。 昨年6月に放送が終わった「イサン」以来1年2カ月ぶりのドラマ復帰となる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事