新人歌手がホームページで自殺を暗示?

新人歌手がホームページで自殺を暗示?

2009年05月20日17時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  新人グループ「ブルースプリング」(Blue Spring)メンバーのジュンソ(本名パク・ジュンソン、25)が自分のホームページ掲示板に、生活苦を悲観しながら「もう粘る力がない」「幸せに生きなければ」などと自殺を暗示するコメントを書き込み、ネットユーザーが心配している。

  ジュンソは19日午後6時27分、ミニホームページの掲示板に「一度読んでください」と題して、「友人、兄弟、みんながいたからここまで粘ることができたようだ。 素敵な友人、素敵な兄弟になりたかったが、自分の力は不足しているようだ。 これまで何年も放さなかった綱だが、もう力がない」と書いた。 続いて「華やかさだけが目立つ職業なので、よりいっそうそのように感じるようだ」と芸能界生活のつらさを吐露した。

  ジュンソは最近、生活に深刻に悩んでいたと推定される。 ある銀行の自分の口座番号を公開し、「どれだけ粘れるかは分からないが、最後にはお金の心配なく生きて去りたい」とし「ある人には一日の酒代かもしれないが、ある人には貴重なもの」と訴えたりもした。

  芸能人の相次ぐ自殺に衝撃を受けたネットユーザーは「お願いだから変な考えはしないで」「私もつらいけど生きている」と書き込むなど、不祥事を心配している。

  ジュンソは映画「無防備都市」、MBC(文化放送)ドラマ「太王四神記」「私の女」などのOSTに参加し、昨年は男性デュオ「ブルースプリング」を結成し、1月に初アルバムを出している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事