李明博元大統領、検察出頭D-1…韓国歴代大統領のフォトラインでのメッセージは?

李明博元大統領、検察出頭D-1…韓国歴代大統領のフォトラインでのメッセージは?

2018年03月13日13時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
故盧武鉉元大統領が2009年4月30日、賄賂容疑の被疑者身分で検察の取り調べを受けるために大検察庁に到着してフォトラインに立った姿(写真=中央フォト
  ダス社の実所有主をめぐる疑惑などを捜査している検察が李明博(イ・ミョンバク)元大統領に通知した召喚日程は14日午前9時30分だ。李元大統領はこの日、この時刻にソウル中央地検に出席し、長くては10年以上だまってきた疑惑について直接答えなければならない。李元大統領は庁舎に到着した後、出入口前の黄色テープと表示されたフォトラインに立つ予定だ。朴槿恵(パク・クネ)前大統領が立ったフォトラインは階段の下に位置したが、今度は階段の上にある正門の横に席を移した。李元大統領がこの席でどのような発言を行うかは知られていない。ただし、李元大統領側関係者は「(李元大統領が)声明発表までではなくても検察の取り調べに臨む立場と共に国民に申し上げたい言葉などを簡略に伝える予定」と話した。

  朴前大統領は当時、フォトラインに立って「国民の皆様に申し訳ないと考える。誠実に取り調べに臨む」という短いメッセージだけを残した。この29文字をいうのに8秒がかかった。当初「(朴前大統領が)対国民メッセージを発表するだろう」という弁護団の予告があったため、失望感が大きかった。

  朴前大統領に先立って検察の取り調べを受けた3人の元大統領も特別なメッセージを残さなかった。初めて検察に召喚された元国家元首は盧泰愚(ノ・テウ)元大統領だ。秘密資金を造成した容疑で検察召喚の通知を受けた。1995年11月1日、大検察庁庁舎のフォトラインに立った彼は記者たちの質問に答えなかったが、小さい声で「国民に申し訳ありません」という一言だけを残した。

  検察召喚4日前には「愚かな盧泰愚、僭越ながら国民の前に立ちました」で始まる対国民談話文を発表した。「統治資金は誤ったものではあるが、韓国政治の長い間の慣行だった」という弁解だった。

  全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領は1995年12月2日、検察が召喚通知をすると、ソウル延禧洞(ヨニドン)自宅の前で「検察召喚に応じない」という、いわゆる「路地声明」を発表して故郷である慶南陜川(キョンナム・ハプチョン)に行った。検察はこれを逃走に見なして翌日、拘束令状を発行して全元大統領を逮捕し、安養(アンヤン)刑務所に強制連行した。全元大統領に対する検察の取り調べは安養刑務所で訪問調査の形式で行われた。

  盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領は2009年4月30日、烽下(ポンハ)村でバスに乗る前に「国民の皆様に面目がありません。(頭を下げて話しながら複雑で息苦しいように舌打ちをしては)失望させて申し訳ありません。行って…行ってきます」と話した。最高検察庁舎に到着してバスから降りた後には「なぜ国民に面目がないとおっしゃいましたか?」という記者の質問に「面目のないことです」と短く答えた。記者が再度心境を尋ねると「次にします」と答えた後、調査室に入った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事