<アジア大会>韓国野球代表、けが・不振選手が続出

<アジア大会>韓国野球代表、けが・不振選手が続出

2018年07月26日16時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  8月に開幕する2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会に出場する野球韓国代表が危機を迎えている。最近、代表選手のけがと不振が続いている。韓国代表の宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督の悩みも深まっている。

  代表の主力三塁手・崔廷(チェ・ジョン、SK)は24日、仁川(インチョン)での斗山戦で太ももを痛めた。宣監督は「回復状態を見守る」という立場だ。しかし来月18日に予定されたアジア競技大会の韓国代表メンバー招集まで1カ月も残っていない。交代カードも考えなければいけない状況だ。

  最終エントリー発表後、主力選手の成績も落ちている。特に投手の不振が深刻だ。宣監督は先月11日、アジア競技大会に出場する24人の最終エントリーを発表した。すべてKBOリーグでプレーするプロ選手だ。

  開幕から最終エントリーが確定する前の6月11日までの記録と、その後から今月24日までの記録を比較すると、投手11人のうち10人の防御率が悪化した。SKの下手投げ投手パク・ジョンフンだけが唯一、防御率が5.00から2.97へと良くなった。11人の投手陣の全体平均は3.65から5.50に上がった。今回の代表チーム選抜には今季序盤の成績が大きな影響を及ぼした。特にエントリー発表直前の成績で悲喜が分かれたケースもある。

  アジア競技大会で野球代表の金メダルの可能性は非常に高い。ライバルの日本は社会人野球選手を中心にアジア競技大会代表チームを構成する。台湾はレベルが一段階下という評価だ。韓国は2010年(広州)、2014年(仁川)に続いてアジア競技大会3連覇を狙っている。

  アジア競技大会で台湾・インドネシア・香港と同じB組に入った韓国は8月26日に台湾と初戦を行う。各組1、2位チームがスーパーラウンドに進出する。グループリーグ1位は1勝、2位は1敗を抱えて別の組の1、2位チームと対決する。初戦の台湾戦に勝ってこそ決勝まで負担なく進むことができる。

  台湾戦に登板した先発投手が6日後の決勝戦に再び登板する可能性が高い。代表チーム投手陣のうち先発は梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン)、車雨燦(チャ・ウチャン)、李庸燦(イ・ヨンチャン)、イム・チャンギュ、パク・ジョンフン、林起映(イム・ギヨン)の6人。このうち国際大会など経験が最も豊富な投手が梁ヒョン種(起亜)、車雨燦(LG)だ。2人のうち1人が台湾戦に先発すると予想される。

  梁ヒョン種は2017ワールドベースボールクラシックの台湾戦(3イニング3失点)に先発した経験がある。しかし梁ヒョン種は最近、コンディションが良くない。最近先発した3試合で17イニング11失点と振るわず、勝ち星を挙げていない。8日の光州(クァンジュ)でのLG戦では本塁打2本を浴びて5イニング5失点だった。22日の光州でのKT戦では6四球を許し、5イニングで3失点した後に降板した。アジア競技大会エントリー発表前まで2.81だった防御率は3.57になった。

  梁ヒョン種は過去5シーズン、KBOリーグの投手のうち最も多い883イニングを投げた。2016年に200イニング1/3を投げてデビュー後初めての200イニングを超え、昨年も193イニング1/3を消化した。今年も20試合で133イニング2/3を投げている。昨年のように31試合に登板する場合、210イニングを投げるという計算になる。

  体力があるといっても、このように休まずに投げれば球威の低下は避けられない。暑くなるほど球威はさらに落ちるという懸念が生じる。昨年、梁ヒョン種を前に出して韓国シリーズを制した起亜は今年6位にとどまっている。梁ヒョン種に休養を与えるのも難しい。車雨燦の不振がさらに深刻であるからだ。

  車雨燦は最近4試合連続で6失点以上している。24日にソウル蚕室(チャムシル)でサムスン戦に先発し、4イニング1/3で6失点した。エントリー発表後は1勝4敗、防御率7.60。柳仲逸(リュ・ジュンイル)LG監督は25日、「車雨燦と面談したが、左の股関節がずっと良くなかったと聞いた。当分は1軍から抜けて注射治療を受ける予定」と話した。

  チョン・ウラム(ハンファ)、チョン・チャンホン(LG)もエントリー発表後、球威が明確に落ちている。先月11日まで27試合で21セーブをマークしたチョン・ウラムはその後の12試合では7セーブにとどまった。防御率は1.37から3.48に上がった。最近3試合で2回のセーブ失敗があった。

  こうした状況のため「代表メンバー決定をあまりにも急ぎすぎた」という批判も出ている。選手のコンディションを十分にチェックする時間が不足したということだ。アジア競技大会最終エントリー締め切り期間は先月30日だったが、代表チームはその20日前に発表した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事