米朝会談、45分で決定?…トランプ大統領、45日間の水面下作業か(2)

米朝会談、45分で決定?…トランプ大統領、45日間の水面下作業か(2)

2018年03月13日13時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今回の鄭室長一行の訪米を控えても、トランプ大統領はすでに金正恩委員長の米朝会談提案を知っていた状況だったという。鄭室長が北朝鮮から戻ってくるとマクマスター補佐官にこれを伝え、両国情報機関の間でも緊密な情報交換があったという。

  外交消息筋は「どういう話(首脳会談の提案)かはすでに相当数が知っていたが、トランプ大統領がすぐに自身の決定を公表するとは思っていなかった」と伝えた。「交渉家」トランプ大統領としては就任後からこの日を待っていたのかもしれない。

  別の関係者も「トランプ大統領は結局、自分がトップダウンで決めるべきだという考えを固めていた」とし「北と同じように米国も今回の会談ではトランプ大統領がライン(合意指針)をひとまず引いた後、下がそれに合わせていく方式になるだろう」という見方を示した。したがって金与正氏やティラーソン国務長官など特使のような「中間段階」は入れないという主張だ。消息筋は鄭室長がトランプ大統領に「特別メッセージ」を伝えたと述べたことに関連し、「特使団が受けた金正恩委員長の印象、金正恩委員長の話す順序、金正恩委員長の発言に対する特使団の自己分析を伝達する中で金正恩委員長が述べた『米国関連発言』の一つを簡単に伝えただけ」とし「特に金正恩委員長がトランプ大統領に伝えるよう要求したメッセージではなかった」と話した。

  また「一部の報道のように▼米朝平和協定への強い意志と国交正常化▼在平壌(ピョンヤン)米国大使館の設置▼北に拘束中の韓国系米国人3人の解放▼大陸間弾道ミサイル(ICBM)凍結および廃棄--などは(金正恩委員長が伝えた特別メッセージとは)違う」と付け加えた。

  ◆「核・ミサイル試験中断が決定的重要」

  米中央情報局(CIA)のポンペオ長官は11日(現地時間)、FOXニュースなどで「トランプ大統領は北朝鮮の欺まんの歴史と会談のリスクを理解している」と述べた。続いて「金正恩委員長が(核実験とミサイル試験中断、韓米連合訓練への理解、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化など)4大約束、4つの主な譲歩を守る場合、大統領は完全に準備して会談に行くだろう」と伝えた。さらに「核・ミサイル試験中断合意は米本土打撃能力に保有する敷居を越えられないようにする」とし「それが決定的(critical)」と話した。

米朝会談、45分で決定?…トランプ大統領、45日間の水面下作業か(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事