駐韓米大使館19分間包囲し「THAAD反対」

駐韓米大使館19分間包囲し「THAAD反対」

2017年06月25日10時27分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
24日午後にソウル広場で開かれた「THAAD撤回平和行動集会」の参加者が駐韓米国大使館前で「THAAD強要米国糾弾、NO THAAD NO TRUMP」と書いた垂れ幕を持ってスローガンを叫んでいる。2000人余りの参加者は19分間にわたり大使館を囲みデモを行った。
  韓米首脳会談を5日後に控えた24日午後、ソウルの都心部では高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に相反する立場を持つ進歩団体と保守団体のデモが同時に開かれた。小雨交じりの悪天候にもかかわらず、数千人の人波がソウル広場と大漢門の前に集まり、周辺道は激しい渋滞に見舞われた。

  参与連帯と民主労総など90あまりの団体で構成されたTHAAD韓国配備阻止全国行動はこの日午後4時からソウル広場で「6・24THAAD撤回汎国民平和行動集会」を開いた。主宰側推定で約3000人が集まる中で『あなたのための行進曲』を一緒に歌い行事が始まった。参加者らは「住民生存を脅かさずTHAAD配備を撤回せよ」「THAADは行き平和は来い」などのスローガンを繰り返し叫んだ。金泉(キムチョン)から上京してきた女子中学生は演壇に上がり、「THAADに使う資金を統一費用に使おう」と叫んで拍手を受けた。この日デモに参加したある参加者は「THAADは北朝鮮の核ミサイルを防ぐのに何も効果がない。文在寅(ムン・ジェイン)大統領がトランプ大統領に会いTHAAD配備強要の不当さを堂々と指摘すれば良い」と話した。

  全国行動は午後5時20分ごろから行進を始めた。世宗路(セジョンロ)、光化門(クァンファムン)方向に3本の車道を通じ移動した彼らは1時間ほど後に米国大使館前に集結した。その後デモ参加者が手を握り大使館を取り囲む「人間の鎖デモ」を始めた。司会者の先導により「THAADは行き平和よ来い」「米国THAADは米国に」などのスローガンも叫んだ。1人ずつ旗とプラカードを立てたり下ろしたりするいわゆる「波乗りデモ」も行った。彼らは前日ソウル行政法院が提示した「20分以内に米国大使館裏の道路を通過しなければならない」という集会許可要件を守るため、デモを終えた後速やかに移動した。デモ隊の先頭が第1区間に入ってから全員が通り過ぎるまでにかかった時間は19分だった。彼らは光化門広場に集結した後に解散した。

  これに先立ちソウル広場向かいの大漢門前ではTHAAD配備を支持する保守団体である太極旗革命国民運動本部が「忘れずにいよう6・25集会」を開いた。主宰側推定約2000人が集まる中で太極旗と星条旗を同時に掲げ「THAADで国を守ろう。THAAD撤収は韓米同盟破綻」と叫んだ。演壇に立ったある参加者は「道の向かい側で従北左派と分別のない若者たちが大騒ぎしている。THAAD配備の正当性と韓米同盟の重要性をわれわれが守らなければならない」と主張した。(中央SUNDAY第537号)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事