韓国外交部「駐韓大使の帰任、日本が決める事案」

韓国外交部「駐韓大使の帰任、日本が決める事案」

2017年02月07日17時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  釜山(プサン)日本総領事館前の少女像の設置に反発して一時帰国した長嶺安政駐韓日本大使が1カ月近く帰任しないことについて、韓国政府は7日、「日本政府が決める事案」と既存の立場を繰り返した。

  趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)外交部報道官はこの日の定例ブリーフィングで、「長峰大使の韓国帰任は基本的に日本政府が決める事案だ。具体的な帰任日について、韓国政府は日本政府から通告を受けたことがない」と明らかにした。ただし、「韓日両国は近い隣国であり、様々な分野で利害関係を共有している重要なパートナー」と述べながら、「両国間に難しい問題があるとしても相互協力を通じ、両国関係を肯定的な方向へ発展していくべきだ」とし「こうした側面からわが政府は日本側と引き続き、意思疎通を図っていきたい」と述べた。

  日本は先月6日、駐韓日本大使と釜山総領事の一時帰国を発表し、長嶺大使は9日、日本に帰国した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事