報復攻撃しておきながら…日本「韓国ホワイト国排除、報復ならWTO違反」

報復攻撃しておきながら…日本「韓国ホワイト国排除、報復ならWTO違反」

2019年08月13日08時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  佐藤正久外務副大臣は12日、韓国政府が「ホワイト国」(輸出手続き優遇国)リストから日本を除外したことに関連し、「日本の輸出管理措置見直しへの対抗措置ならWTO(世界貿易機構)違反とも言えよう」とし「確認する」とツイートした。

  佐藤氏はこの日、ツイッターに「どのような理由なのか細部確認する」と明らかにした。佐藤氏は「ただ韓国から日本への機微な戦略物資は殆ど無いのでは? あまり実質的な影響はないのかも?」としつつ、韓国の措置を疑問視するような発言を残した。佐藤氏は最近、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対して「異常だ」と述べて論争になった人物だ。

  多くの外務省幹部は「詳細を確認した後で対応する」という立場を示した。ある幹部はNHKに対して「韓国側の措置の理由や具体的な内容など、詳細を確認したうえで対応したい」と明らかにし、また別の幹部は「直ちに大きな影響が出ることはないだろうと考えており、今の段階では様子見だ」と話した。共同通信は、「日本の植民地支配から開放を記念する『光復節』を迎える韓国国内の動向を見極めたうえで対応を検討する」とし「過剰反応はしない」という外務省幹部の反応を伝えた。

  経済産業省はこの日の発表に関連し、詳しい内容を確認して影響に対する分析を進めることにしている。

  これに先立ち日本メディアは韓国のホワイト国除外措置を速報で伝えて「事実上の報復措置」と解釈した。日本経済新聞は「日本政府内では韓国を優遇対象国から除外したことへの事実上の報復措置との見方が出ている」とし、時事通信も「日本の対韓輸出管理強化への事実上の対抗措置」と報じた。

  昨年、日本の韓国からの輸入額は3兆5500億円余りの規模で、輸入品目のうち金額が多い順に石油製品、鉄鋼、半導体を含む電子部品などとなっている。輸入額規模で見ると、韓国は中国、米国、オーストラリア、サウジアラビアに続き5番目だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事