韓国人の発病率・死亡率がOECDで「最高」 潜伏結核の検診を開始

韓国人の発病率・死亡率がOECDで「最高」 潜伏結核の検診を開始

2017年03月30日17時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ティッシュで鼻と口をふさいでくしゃみをする女性。(写真=中央フォト)
  昨年9月、高校3年生であるA君(18)は数日間、せきや痰が絶えず病院で検査した結果、肺結核という診断を受けた。申告を受けた保健当局がA君と密接に接触した同じクラスの生徒と教師48人を調べてみたところ、患者2人がさらに確認された。2人ともA君と同じクラスの友達だった。生徒全員と教職員569人に拡大して検査した結果、患者1人と潜伏結核感染者37人がさらに発見された。結核菌DNAの指紋検査結果、A君と患者3人が一致したことが分かった。

  韓国は毎年3万人以上の結核患者が発生し、2200人余りが結核で死亡(2015年統計庁基準)している。最近、発病率が大きく減少してはいるが、韓国の結核発病率と死亡率は経済協力開発機構(OECD)諸国でも最高だ。韓国の結核発生率は人口10万人当たり80.0人、死亡率は5.2人で、2位であるポルトガル(発生率23.0)とチリ(死亡率2.7)とも差が大きい。OECD平均結核発生率は11.4、死亡率は1.0だ。

  結核が恐ろしいのは一度かかれば一生発病する可能性があり、他の人にも移るということだ。症状がない潜伏結核感染者が結核に発病する可能性は10%程度だ。いつ発病するかは分からない。一度発病すれば、6カ月以上薬を飲まなければならないが、治ったとしてもまたかかる可能性がある。発病前の感染状態である潜伏結核をあらかじめ発見して治療するのが重要な理由だ。潜伏結核を治療すれば、60~90%程度の発病を防げる。

  疾病管理本部は今年から学校や医療機関など集団施設従事者と満40歳以上の健康診断対象者など180万人を対象に潜伏結核の検診を行うと23日、明らかにした。昨年、国家政策調整会議が「結核安心国家実行計画」の一環として決めた集団施設従事者の(潜伏)結核検診の義務化によるものだ。予算約640億ウォン(約63億円)も確保された。潜伏結核は3カ月程度、薬を飲みながら治療することができる。結核や潜伏結核感染と診断を受けた場合、誰もが無料(非給与費用は除外)で治療を受けることができる。

  結核発病と感染を防ぐためには、せきや痰が2週以上続けば病院で結核検査を受けることを勧める。結核患者と接触した場合は、症状がなくても潜伏結核の検査を受けなければならない。せきをする時は、ティッシュや袖で口と鼻をふさぎ、せきの後には30秒以上手を洗わなければならない。韓国はすべての新生児に結核予防ワクチン(BCG)を打つことを勧めているが、これは重症結核を予防することであり、接種だけで結核が一生予防できるわけではない。チョン・ギソク疾病管理本部長は「結核発生率を先進国並みに減少させることを目指して『結核安心国家』事業を進めていきたい」とし、「結核退治のために国民が結核に対して警戒心を持って予防規則をしっかりと守ってください」と呼びかけた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事