ガソリン1リットルで30キロ走るマツダの準中型車

ガソリン1リットルで30キロ走るマツダの準中型車

2017年01月10日13時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本のマツダがハイブリッド級の燃費のガソリン自動車を発売する。

  日本経済新聞は9日、マツダが既存のエンジンより燃料効率を30%ほど改善した「予混合圧縮着火(HCCI)エンジン」を開発し、2018年末から商用化すると報じた。HCCIエンジンの商用化は世界でマツダが初めて。

  HCCIは空気と燃料をシリンダー内で混合した後に圧力と温度を高めて発火させる技術だ。点火プラグを使わないためエネルギー損失が少なく、大気汚染物質の排出量が少ない。2007年にメルセデスベンツとゼネラルモータース(GM)などがHCCIコンセプトカーを発表しているが、商用化に入ったのはマツダが初めてだ。しかしマツダも自動車の加速時などは点火プラグを補助的に使うとみられると同紙は予想した。

  準中型モデル「アクセラ」に新型エンジンを搭載すると、ガソリン1リットル当たりの走行距離が30キロメートルに迫るものとマツダはみている。現在のアクセラ・ハッチバックの燃費は20.4キロメートル(日本基準)だ。同クラスのハイブリッドカーであるトヨタの「カローラ・アクシオ」よりも燃費が高まることになる。マツダは2018年末にアクセラから搭載を始め、今後発売されるフルチェンジモデルに新型エンジンを搭載する計画だ。マツダは電気自動車やハイブリッドカー開発が続いているが、少なくとも2030年までは内燃機関が自動車市場の主軸になるとして新型エンジン導入の背景を説明した。また、既存のエンジンを引き続き改良することで主力分野の競争力も強化する計画だ。マツダはエンジンの熱効率を上げ、内部抵抗とエンジン重量を減らすことで内燃機関の熱効率を60%まで上げるのが目標だ。現在の一般的なガソリンエンジンの熱効率は25%、ディーゼルエンジンは35%水準だ。ただ米国や欧州など西欧市場の環境規制強化に対応するためHCCI車両とともに電気自動車(EV)、プラグインハイブリッドカー(PHV)の開発も並行する。開発目標はそれぞれ2019年と2021年だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事