韓国、「慰安婦白書」発刊へ…国際社会に普及

韓国、「慰安婦白書」発刊へ…国際社会に普及

2014年08月04日11時24分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の女性家族部は3日、河野談話21周年を迎え、国民大日本学研究所および成均館大学東アジア歴史研究所と共同で、日本軍「慰安婦」白書を発刊すると明らかにした。

  この白書は、1992年の「日帝下軍隊慰安婦実態調査中間報告書」発刊後に慰安婦問題に関連して新たに発掘された資料と研究成果、国際機構・市民団体・各国議会などの活動に基づき、慰安婦犯罪や被害実態を総合的に整理・分析した報告書の形で発刊される予定だ。

  最近の日本政府の河野談話検証結果公開で論議を呼んだ慰安婦問題の本質と争点に対する韓国側の論理と証拠資料を提示し、関連資料に対する体系的な分析を通じて、慰安婦問題解決案を模索するための基礎資料として活用することになる。

  光復(解放)70周年であり韓日国交正常化50周年となる2015年年末に発刊する予定であり、歴史・政策・国際法分野にわたる総合的な分析に重点を置く。

  一方、女性家族部は白書を英語・中国語・日本語などの外国語に翻訳し、国際社会に普及させていく計画だと明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事