【コラム】「本物の韓服」を鑑別する?

【コラム】「本物の韓服」を鑑別する?

2018年09月26日14時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  人工知能発展史で「犬と猫の区別」は難題中の難題だった。3歳の幼児でもすぐに見分けることができる犬と猫をスーパーコンピューターは区別できなかった。初期人工知能システムでは犬と猫の特徴を一つ一つ入力する作業が先になければならなかった。「足が4本」「毛としっぽがある」など犬の普遍的な特徴を入力すると、コンピューターは犬のほかの動物までも犬と認識した。それで耳の形、毛の状態などを詳細に入力すると、その基準から外れる犬は犬と識別できなかった。2010年代に入ってビッグデータを活用したディープラーニング方式が適用された後、人工知能は犬と猫を区別し始めた。犬と猫のように目では簡単に区別できる対象も、その区分方法を言語で規定するのは不可能だったのだ。

  ところが、これよりはるかに難しい区分法を韓服に適用しようという動きが出てきている。韓服着用者に飲食店の割引など特典を提供してきたソウル鍾路(チョンノ)区庁が来月から「伝統韓服とは異なるフュージョン韓服」にはその特典を与えない方針を決めたのだ。また、古宮無料入場の対象からも除外してほしいと文化財庁に要請すると明らかにした。11日には討論会も開かれた。古宮付近のレンタル店で1万-3万ウォン(約1000円-3000円)で借りて宮廷の内外を歩く観光客の韓服が俎上に載せられた。

  この席で提起されたフュージョン韓服の問題は▼フープを入れて過度に膨らませたチマ(スカート)▼腰の後ろで結ぶリボン▼派手な金・銀箔装飾▼安物の中国産生地--などだった。キム・ヨンジョン鍾路区庁長は「伝統ではないものに特典を与えるのは問題がある。違うものは違う」と述べた。区庁側は伝統韓服の基準を設けて文化財庁に提案すると述べたが、どれほどまで膨らんだチマが「伝統」であり、いくら以上の生地を使用してこそ「伝統」かをガイドラインで表すのは不可能と思われる。論議を呼ぶだけで、秋夕(チュソク、中秋)や旧正月にも着ない韓服を友人とイベントで着てソーシャルネットワークサービス(SNS)に誇らしく載せる若者の文化に冷や水を浴びせないか心配だ。

  韓服の伝統価値を守るレベルでフュージョン韓服の流行よりも深刻な問題は別にある。国内の大学で韓服を専門的に教える学科が一つもないという点だ。就職率が低調という理由などで2016年に閉科された培花女子大学の伝統衣装学科が最後だった。国立韓国伝統文化大学でも韓服は伝統美術工芸学科の細部専攻の1コースとして扱っているだけだ。また、現在のソウル大衣類学科には韓服を専攻した専任教授が一人もいないため、韓服専攻で修士・博士課程に進むのは事実上難しい。伝統韓服の毀損の責任を付近のレンタル店に転嫁する前に、私たちの伝統服を研究して教育するシステムから点検する必要がある。

  イ・ジヨン/アートチーム記者
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事