「危機のチームを救え」林昌勇、15日に1軍復帰へ

「危機のチームを救え」林昌勇、15日に1軍復帰へ

2009年09月14日14時22分
[ⓒ JES/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  ヤクルトの救援投手林昌勇(イム・チャンヨン、33)が、危機に陥ったチームを救援するために15日に1軍復帰する。

  日本のサンケイスポーツは14日付で「ヤクルトが前日まで8連敗し、阪神に3位を渡した。腰痛で離脱した林昌勇は9連戦が始まる15日に復帰する予定」と報道した。15日はヤクルトが横浜と3連戦を始める日だ。

  林昌勇は腰痛と疲労で3日、1軍エントリーから外れた。休んだ12日間で痛みはとれ、予想より早く復帰できることになった。

  腰はよくなったが、肩は重くなった。クライマックスシリーズ進出のマジノ線であるセントラルリーグ3位が確かに見えていたヤクルトだったが、今月12試合で1勝1分け10敗を記録中だ。7月まで阪神に最大13.5試合リードしていたヤクルトは、結局阪神に3位を奪われた。

  林昌勇は2軍にとどまっていた間に腰痛を治して調整をしてきた。8月の1カ月間、11試合で101と3イニングで8自責点(平均自責点6.99)と不振だった原因をある程度とり除いた。ヤクルト関係者は「セットアップの五十嵐がはずれ、林昌勇がその間、悪いコンディションで球を投げてきた。今は痛みがとれた状態」と伝えた。

【ホットクリック】

・  金融危機から最速で立ち上がる驚きの韓国、3つの理由
・ 鳩山夫妻、首相就任前の週末を韓国レストランでデート
・ WBC準優勝の褒賞金めぐりKBO-選手間で葛藤
・ ペ・ヨンジュン、22日に旅行エッセイ出版イベント開催
・ 子どものいない夫婦の離婚率が増加
・ 下半期の携帯電話トレンド…スマートフォンとフルタッチフォンが大勢
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事