「韓国、実名化・課税・投資家保護の3拍子備えなければ」(2)

「韓国、実名化・課税・投資家保護の3拍子備えなければ」(2)

2018年03月13日11時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  海外送金、特に小額海外送金分野でも仮想通貨の活用は足踏みだ。

  世界銀行で提供する世界送金価格(RPW)によると、2017年10-12月期基準としてオーストラリアからバヌアツ共和国に200ドルを送金した時の送金費用は26.67ドル(13.35%)だ。平均費用だけでも7.09%だ。

  ビットコインを活用すれば手数料が0.0005ビットコイン、約6000ウォン(アップビット基準、1ビットコイン=1200万ウォン)にすぎない。しかし最近まで小額海外送金業関連認可を受けた16のベンチャー企業はほとんどが開店休業状態だ。昨年末に金融当局が海外送金企業に仮想通貨を媒介とした送金方式を使わないようガイドラインを出したためだ。

  仮想通貨に対する定義がないため税制も整備されていない。仮想通貨取引差益に譲渡所得税を課すのか、取引ごとに付加価値税を課すのか決まっていない。

  国会ではこうした問題点を認識し、制度改善を推進するが成果は出ていない。一部議員は「電子金融取引法改正法律案」を議論している。仮想通貨を金融商品とみて仮想通貨取引所の認可規定を新設し、利用者保護に向けた義務と禁止行為などを定める形で規制を強化しようという内容を含んでいる。だが仮想通貨の法的地位、規律体系など市場の混乱を最小化できる立場が整理されておらず議論は進展しない。高麗(コリョ)大学サイバー国防学科のキム・ヒョンジュン教授は、「政府が制度を整備してこそ企業が顔色をうかがわずに新しい事業に進出できる」と話す。建国(コングク)大学のオ・ジョングン特任教授は「取引実名化、課税体系構築、投資家保護などの生産的な規制が必要だ」と話している。

「韓国、実名化・課税・投資家保護の3拍子備えなければ」(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事