【取材日記】駐国連韓国代表部の沈黙

【取材日記】駐国連韓国代表部の沈黙

2017年05月26日13時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  最近顔見知りの日本人記者から電話があり、畳みかけられた。「韓国が国連で中国と手を結んだのか。昨日の友が今日の敵になったようで当惑している。」今月23日の国連安全保障理事会で開かれた緊急会議に関する話だ。この日の会議で米国と英国・フランス・日本などは北朝鮮ミサイル発射に対して追加的な制裁案を作ろうと主張した。しかし中国が「対話で解決しなければならない」と反対し、失敗に終わった。

  日本人記者の誤解を招いたのはこの日の韓国の態度のためだった。これまで大小の北朝鮮の挑発の度に韓国は米日大使とともに記者会見を行い、強力な追加制裁を要求してきた。しかし、この日の韓国代表部は突然姿を見せずに沈黙を貫いた。そのため、一部では制裁より対話に比重を置いている新政府が立ち上がってから顔色を伺っているのではないかという指摘が出た。

  韓国代表部に尋ねると「以前の政府でも現政権でも究極的な目標は北朝鮮の非核化」とし、「反応を出すなという指針はなかったし、安保理が決議した制裁案を忠実に履行することに最善を尽くしている」と原則的な返事を出した。

  事実駐国連韓国代表部にはこれに関する「黒歴史」がある。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府末期に代表部任命状を受けた金鉉宗(キム・ヒョンジョン)大使の話だ。李明博(イ・ミョンバク)政府が立ち上がった後に交替させられ、6カ月も務めることができなかった。現在の趙兌烈(チョ・テヨル)大使が昨年12月任命されたため金鉉宗大使と似た境遇とも言われている。韓国代表部内では人事上の不確実性の他にも政権交替により対北朝鮮の立場にも悩みが生じたように思われる。

  新政府スタート後、外交安保ラインの陣容がほぼ揃った。康京和(カン・ギョンファ)外交部長官候補者は25日未明に帰国し、本格的な聴聞会の準備に入った。康候補者は空港で記者たちに会い、「北朝鮮の追加挑発があればさらに強力な制裁が必要だ」と強調した。緊急な懸案である対北朝鮮制裁に関する明確なメッセージを出そうとしたのだ。

  北朝鮮の核・ミサイル挑発で最近の韓半島(朝鮮半島)は1日も風が治まる日がない。このような状況で国際社会に向けられた私たちの声が止まってはいけない。したがって新政府の急を要することの1つが駐国連韓国代表部の声を再び整理することだろう。

  外交では一貫した原則とメッセージを堅持することが重要だ。これは現在の韓国代表部が出している「原則論的な返事」とは全く異なる意味だ。ニッキー・ヘイリー国連駐在米大使は最近このような対北朝鮮警告を出した。「私たちに戦う口実を与えるな」

  遠からず他の国々が韓国にこのような警告を送るかも知れない。「私たちを混乱させるな」

  シム・ジェウ/ニューヨーク特派員
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事