「コリアブランドパワー、経済力に及ばないのが残念」(1)

「コリアブランドパワー、経済力に及ばないのが残念」(1)

2013年01月28日16時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
国家ブランド委員会の具三悦(ク・サムヨル)委員長は「PSYのおかげで韓国を見る窓が一つさらに開かれた」と語った(写真=中央フォト)。
  世界各国は最近、国家ブランドパワー競争を繰り広げている。 経済力だけで国力の評価を受ける時代は過ぎた。 投資誘致や観光客誘致には、目に見えない国家ブランドの力が作用する。 かなり遅くなったが、韓国政府が国家ブランド委員会を設置した理由だ。

  昨年10月から国家ブランド委員会を率いて“大韓民国セールス伝道師”に変身した具三悦(ク・サムヨル)委員長(72)委員長。 具委員長はサムスン、キム・ヨナ、PSYのような個別ブランドをうまくつないで、大韓民国という国家ブランドとして1次元高めることが、国家ブランド委員会の役割だと話す。

  具委員長はこれまでも世界を舞台にしてきた。 米国のAP通信本部に東洋人では初めて記者として入社した後、国連特別企画本部本部長、外交通商部文化協力大使、アリランテレビ社長、ソウル観光マーケティング代表理事などを務めた。 夫人は世界的なチェリスト、チョン・ミョンファ氏だ。

  --国家ブランドの管理がなぜ重要なのか。

  「韓国の国家イメージは経済社会発展の速度に追いついていない。 実体ほど評価を受けていないということだ。 世界各国はブランドパワーの強化のために激しく競争している。 ビートルズ、ロンドンバス、金融の国などのイメージを結びつけた英国のように、韓国もこういうことに取り組んでいくことが重要だ。 国家ブランドを管理するコントロールタワーが求められる」

  --国家ブランドを高めるための政府の努力は。

  「金大中(キム・デジュン)元大統領当時から本格的に始まったのではないだろうか。 当時『ダイナミックコリア』という言葉が出てきた。 盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領時は総理室傘下に国家イメージ委員会を設置して管理し、現政権に入って大統領直属委員会に強化された」

「コリアブランドパワー、経済力に及ばないのが残念」(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事