訪米中の韓国国家安保第2次長「日本といつでも会う準備できている」

訪米中の韓国国家安保第2次長「日本といつでも会う準備できている」

2019年07月13日10時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国青瓦台の金鉉宗・国家安保室第2次長が12日、米ワシントンのホワイトハウス前でチャールズ・クーパーマン国家安保会議副補佐官と会談結果を説明している。
  韓国青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)第2次長が12日(現地時間)、「デービッド・スティルウェル国務次官補(東アジア・太平洋担当)のアジア歴訪中の韓米日3者協議は行われない可能性が高い」と話した。スティルウェル次官補はこれに先立ち、最初の訪問地である日本のNHK放送とのインタビューで「私が(韓日を)仲裁する予定はない」と明らかにし、計画された会談日程はないと確認したことがある。金次長はこの日、「私はいつでも交渉する準備ができている」とし、日本との直接協議に入る意志も明らかにした。

  ワシントン訪問3日目を迎えた金次長はこの日午前、ホワイトハウスでチャールズ・クーパーマン国家安保会議副補佐官と1時間ほど会談した後、特派員と会って「北核、米中関係、ホルムズ海峡事案に対して意見を交わし、韓日間の問題に対して我々の立場を十分に説明した」と話した。クーパーマン副補佐官はこれに対し「理解する」と述べたと付け加えた。韓日米高官の3者協議推進に関連して「米国もしたがっているが、今、日本から回答がなく非常に消極的」としながら「スティルウェル次官補がアジアに来るので推進することもできたが、日本が消極的なため開かれない可能性が高い」と話した。

  その代わり、金次長は「私はいつでも日本側と交渉する準備ができている」とし「日本側の準備が整っていない」と話した。この日、韓国外交部の尹ガン鉉(ユン・カンヒョン)経済外交調整官が米国務省のピーター・ハース経済上級副次官補と会談することについて「外交部側が国務省に接近するほうがより効率的」といった。

  金次長は訪米3日間にわたり米国側に「米国にも権力分立の原則があるので(強制徴用補償関連の)大法院判決を無視することはできない立場だということを説明し、日本の取った措置が世界貿易機関(WTO)非差別原則に反するので遵守するべきではないかと説明した」と話した。

  金次長は日本が戦略物資の北朝鮮流出の可能性を取り上げた部分についても「米国にも3つのフォトレジスト(感光液)、フッ化水素、フッ化ポリイミドのようなものを、我々が北朝鮮に輸出したことはないと説明した」とし「河泰慶(ハ・テギョン)議員が書類を探してみたところ、我々ではなく日本から密輸出されたのではないかというような記事も見たようだ」と付け加えた。

  金次長は今月内の米朝実務交渉開催の可能性に関連して「その件についてはもう少し見守らなければならないようだ」と話した。ドナルド・トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と6・30板門店(パンムンジョム)会合から2~3週間内(7月中旬)に開くことに合意したが、「米国は北朝鮮から回答が来るのを待っている」としながらだ。金次長はクーパーマン副補佐官と交渉を進展させる案について協議し、コミュニケーションラインを開けておいて頻繁に電話会談を行いながら意見交換をしていくことにしたと付け加えた。

  一方、金次長はこの日、イランのホルムズ海峡関連の内容についても議論したが「韓国に対する派兵要請はなかったと繰り返し強調した。金次長は「ホルムズ海峡に関しては私が先に米国の関心事と戦略と計画について尋ねただけで派兵議論は全くなかった」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事