韓国、昨年の死者数が過去最多、自殺率も過去最高

韓国、昨年の死者数が過去最多、自殺率も過去最高

2012年09月13日17時46分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の昨年の死者数が過去最多となった。

  統計庁が13日に発表した「2011年死亡原因統計」によると、昨年の死者数は計25万7396人で、1983年に関連統計が作成されて以来最多となった。

  01年以降、がん・脳血管疾患・心臓疾患の3つが最も多い死亡原因となっている。 10年前は死亡原因の8番目だった自殺が昨年は4番目に多かった。

  昨年の自殺者は1万5906人で、前年比で340人(2.2%)増えた。 一日平均43.6人が自殺したというだ。これは2010年の一日平均42.6人より1.0人多い。 人口10万人当たりの自殺者数を表す「自殺率」は31.7人で、前年比1.7%増の過去最高となった。 2001年の自殺率は14.4人。10年間で119.9%(17.3人)増えたということだ。

  経済協力開発機構(OECD)標準人口で計算した韓国の自殺率は33.5人で、加盟国のうち最も高かった。 OECD平均自殺率は12.9人。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事