「ロシア大統領府長官、択捉島を訪問」…日本「遺憾」抗議

「ロシア大統領府長官、択捉島を訪問」…日本「遺憾」抗議

2014年09月24日15時03分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ロシアのセルゲイ・イワノフ大統領府長官が日本と領土紛争にある北方領土の一つである択捉島を訪問したと24日、共同通信は報道した。

  同通信によると、ロシアの長官級要人が北方領土を訪問したのは2年ぶりで、22日に開港したブレヴェスニク新空港を視察し記念行事に参加するためとみられると伝えた。

  ウラジミール・プーチン大統領の最側近の中の一人であるイワノフ大統領府長官の今回の訪問は、択捉島に対するロシアの実効支配を誇示するためと見られる。

  これに対し、菅義偉官房長官は「日本国民の感情を傷付けるもので、極めて遺憾だ」と述べ、ロシア政府に厳重に抗議する意向を明らかにした。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事